申の由来、語源、分布

Google Play で手に入れよう 日本姓氏語源辞典

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【申】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

シン 【申】4 日本姓氏語源辞典

東京都大阪府兵庫県

コリア系。大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国(旧:高麗国)の王族が「王」に三本の縦線を追加して「申」に変えた例もあると伝える。コリア音もシン。大阪府大阪市生野区桃谷に分布あり。オウ参照。

シナ系。中華人民共和国河南省信陽市(旧:申(シェン)国)発祥。炎帝の後裔が称したと伝える。シナ音はシェン。

2018年 6月 12日 更新

関連項目

タナカ 【田中】7, ナカイチ 【中一】3, ナカダ 【中田】6は異形。

エンドウ【遠藤】7, カンダ【神田】6, シンドウ【伸藤】1, タカノブ【高申】1, ツツミ【包】3, ノブイ【伸井】2, ノブハラ【申原】2, ハルカワ【春川】4, ヒガシ【東】6, ヒラカワ【平川】6, ヒラタ【平田】6, ヒラナミ【平波】3, ヒラヤマ【平山】6から参照。

もしかして

シン 【秦】6 , シン 【新】5 , シン 【進】5 , シン 【真】3 , シン 【辛】3 , シン 【信】3 , シン 【慎】3 , シン 【眞】2 , シン 【蓁】2 , シン 【愼】2 , ジン 【神】5 , ジン 【陳】5 , ジン 【陣】3 , ジン 【仁】3

「申」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【申】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 東京都(約200人)
2 大阪府(約90人)
3 兵庫県(約60人)
4 神奈川県(約40人)
5 埼玉県(約30人)
6 愛知県(約30人)
7 群馬県(約20人)
8 茨城県(約20人)
8 千葉県(約20人)
8 三重県(約20人)
人口約700人
順位10,361 位
市区町村順位
1 東京都 足立区(約20人)
2 東京都 荒川区(約20人)
3 東京都 八王子市(約10人)
3 東京都 板橋区(約10人)
3 東京都 新宿区(約10人)
3 埼玉県 川口市(約10人)
3 大阪府 豊中市(約10人)
3 大阪府 大阪市生野区(約10人)
3 大阪府 大阪市東成区(約10人)
3 和歌山県 和歌山市(約10人)
小地域順位
1 東京都 八王子市 上柚木(約10人)
1 東京都 新宿区 百人町(約10人)
1 鳥取県 米子市 米原(約10人)
1 大阪府 豊中市 西緑丘(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000553% 1 東京都(0.00219%)
2 鳥取県(0.00121%)
3 大阪府(0.00121%)
4 兵庫県(0.00115%)
5 和歌山県(0.00103%)
6 群馬県(0.00101%)
7 三重県(0.000876%)
8 岩手県(0.000857%)
9 神奈川県(0.000613%)
10 埼玉県(0.000587%)
市区町村順位
1 大阪府 大阪市天王寺区(0.0219%)
2 徳島県 板野郡北島町(0.0208%)
3 大阪府 大阪市東成区(0.0195%)
4 岩手県 紫波郡矢巾町(0.019%)
5 鹿児島県 西之表市(0.0158%)
6 東京都 千代田区(0.0154%)
7 愛知県 清須市(0.0152%)
8 大阪府 大阪市浪速区(0.015%)
9 愛知県 長久手市(0.0136%)
10 埼玉県 入間郡毛呂山町(0.0132%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

【申】姓の有名人