東の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【東】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒガシ 【東】6 日本姓氏語源辞典

鹿児島県大阪府熊本県

地形。東から。石川県小松市矢崎町、石川県小松市滝ケ原町、石川県能美市下開発町、富山県砺波市鷹栖では明治新姓と伝える。江戸時代にあった門割制度の東門から。門の位置の例。鹿児島県出水市野田町下名、鹿児島県伊佐市大口里、鹿児島県阿久根市折口、鹿児島県薩摩郡さつま町虎居、鹿児島県薩摩川内市上甑町江石、鹿児島県日置市伊集院町徳重、鹿児島県日置市伊集院町猪鹿倉、鹿児島県日置市伊集院町土橋、鹿児島県日置市伊集院町野田、鹿児島県日置市吹上町和田、鹿児島県鹿児島市本名町、鹿児島県鹿児島市吉野町、鹿児島県鹿児島市上谷口、鹿児島県鹿児島市喜入生見町、鹿児島県南九州市知覧町瀬世、鹿児島県南さつま市大浦町、鹿児島県南さつま市金峰町中津野、鹿児島県南さつま市金峰町高橋、鹿児島県南さつま市金峰町宮崎、鹿児島県南さつま市金峰町新山、鹿児島県南さつま市加世田唐仁原、鹿児島県南さつま市加世田武田、鹿児島県南さつま市加世田内山田、鹿児島県指宿市山川福元、鹿児島県指宿市山川小川、鹿児島県指宿市山川利永、鹿児島県霧島市隼人町西光寺、鹿児島県曽於市末吉町南之郷、鹿児島県曽於市財部町南俣、鹿児島県志布志市松山町新橋、鹿児島県鹿屋市浜田町、鹿児島県鹿屋市大姶良町、鹿児島県肝属郡肝付町新富、鹿児島県肝属郡肝付町波見、宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田、宮崎県都城市丸谷町、宮崎県北諸県郡三股町蓼池、宮崎県宮崎市高岡町下倉永。鹿児島県南九州市川辺町野崎、鹿児島県南九州市川辺町永田、鹿児島県南九州市川辺町平山、鹿児島県南九州市川辺町田部田では東屋敷。鹿児島県南九州市頴娃町上別府では東青戸門から。鹿児島県の奄美群島の一字姓。鹿児島県大島郡喜界町に江戸時代にあった。善隣三重県熊野市有馬町に分布あり。

千葉県香取郡東庄(トウノショウ)町発祥。鎌倉時代に「東荘」の表記で記録のある地名。発音はトウ。岐阜県多治見市高田町ではトウからアズマに発音を変更したと伝える。推定では江戸時代。

鹿児島県薩摩郡さつま町求名の小字の東から発祥。同地に江戸時代に門割制度の東門があった。

岐阜県高山市久々野町無数河の小字のひがしから発祥。同地に江戸時代にあった。

合略。東漢(ヤマトノアヤ)の略。京都府京丹後市丹後町間人では飛鳥時代の皇族である穴穂部間人皇女の従者だった東漢直駒の後裔が称したと伝える。発音はアズマ。東漢は現存するか不明。

合略。伊東(イトウ)の略。岩手県大船渡市三陸町吉浜では伊東姓を略して擬装するため東姓にしたとの伝がある。推定では鎌倉時代。発音はアズマ。伊東イトウ参照。

合略。東恩納の略。兵庫県尼崎市で1952年に改姓した事例があった。東恩納ヒガシオンナ参照。

合略。東金城の略。沖縄県八重山郡竹富町竹富での伝承。推定では1945年以降。発音はアズマ。東金城ヒガシキンジョウ参照。

事物熊本県天草市河浦町河浦にある浄土真宗の安養寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の東陽(トウヨウ)山から「東」を使用。

事物富山県富山市下新本町の僧侶による明治新姓。同寺の山号の東日(トウジツ)山から「東」を使用。

コリア系。大韓民国慶尚南道河東(ハドン)郡発祥。河東の「東」を使用。京都府京都市南区で1961年4月6日に帰化の記録あり。「東川」ともあり。本姓は鄭。テイ参照。東川ヒガシカワ参照。

コリア系合略。陳の略。陳が含む「東」を使用。愛知県名古屋市中川区で1957年8月28日に帰化の記録あり。本姓は陳。チン参照。

コリア系地形。申を含む「東」を使用。京都府京都市上京区、京都府京都市北区で1963年12月17日に帰化の記録あり。本姓は申。シン参照。

コリア系の異形。大阪府岸和田市で1987年9月3日に帰化の記録あり。本姓は車。クルマ参照。

アズマ 【東】6 日本姓氏語源辞典

ヒガシ参照。

アヅマ 【東】6 日本姓氏語源辞典

ヒガシ参照。

トウ 【東】6 日本姓氏語源辞典

ヒガシ参照。

関連項目

ヒガ 【比嘉】6, ヒガシ 【東志】3, ヒガシ 【樋樫】2, ヒガシ 【日下志】2, ヒガシ 【日河岸】2, ヒガシ 【日賀志】2, ヒガシ 【干河岸】1は異形。

アズマ 【東都】3, アズマ 【四阿】3, アズマ 【吾㛏】1, チトウ 【千東】3, ヒカシ 【氷樫】1, ヒガセ 【東勢】2姓あり。

イケド【池戸】5, カマド【釜戸】3, コウゴ【向後】5, コヒガシ【小東】4, ジョウシャ【定者】3, チバトウ【千葉東】1, トウマ【東馬】3, トウヨウ【東洋】2, ヒガシノ【東野】5, ヒガシヤマ【東山】5, ムグラ【葎】2, ムトウ【武東】3から参照。

もしかして

アスマ 【遊馬】4 , アスマ 【明間】4 , アスマ 【飛鳥馬】3 , アスマ 【阿須間】3 , アスマ 【飛鳥間】2 , アズマ 【我妻】5 , アズマ 【吾妻】5 , アズマ 【東間】4 , アズマ 【東馬】3 , アズマ 【東都】3 , アズマ 【東妻】3 , アズマ 【阿妻】3 , アズマ 【四阿】3 , アズマ 【阿津間】2 , アズマ 【麻妻】2 , アズマ 【吾㛏】1 , アヅマ 【我妻】5 , アヅマ 【吾妻】5 , アヅマ 【東妻】3 , アヅマ 【阿妻】3 , アヅマ 【安妻】2 , アヅマ 【阿津間】2 , アヅマ 【東吾】2 , アヅマ 【安都間】2 , アヅマ 【阿津磨】1 , トウ 【藤】5 , トウ 【党】3 , トウ 【唐】3 , トウ 【湯】3 , トウ 【董】3 , トウ 【鄧】3 , トウ 【桃宇】3 , トウ 【刀】3 , トウ 【黨】2 , トウ 【滕】2 , トウ 【塔】1 , トウ 【竇】1 , ドウ 【堂】4 , ドウ 【銅】3 , ドウ 【童】2 , ヒガシ 【東志】3 , ヒガシ 【樋樫】2 , ヒガシ 【日下志】2 , ヒガシ 【日河岸】2 , ヒガシ 【日賀志】2 , ヒガシ 【干河岸】1

「東」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【東】姓の分布

顕著に見られる都道府県

鹿児島県 , 石川県 , 三重県 , 熊本県 , 和歌山県 , 奈良県 , 宮崎県 , 大阪府 , 福井県 , 大分県

顕著に見られる市区町村

三重県 北牟婁郡紀北町 , 高知県 幡多郡三原村 , 奈良県 吉野郡十津川村 , 和歌山県 東牟婁郡北山村 , 熊本県 阿蘇郡西原村 , 鹿児島県 大島郡知名町 , 三重県 尾鷲市 , 鹿児島県 大島郡和泊町 , 熊本県 球磨郡山江村 , 石川県 能美郡川北町 , 奈良県 吉野郡黒滝村 , 三重県 度会郡南伊勢町 , 三重県 南牟婁郡御浜町 , 奈良県 吉野郡下市町 , 沖縄県 国頭郡恩納村 , 熊本県 人吉市 , 和歌山県 東牟婁郡太地町 , 和歌山県 海草郡紀美野町 , 大分県 東国東郡姫島村 , 奈良県 吉野郡下北山村 , 熊本県 菊池市 , 熊本県 球磨郡錦町 , 大阪府 豊能郡能勢町 , 和歌山県 東牟婁郡古座川町 , 三重県 南牟婁郡紀宝町 , 熊本県 球磨郡湯前町 , 石川県 能美市 , 鹿児島県 南九州市 , 大分県 臼杵市 , 奈良県 山辺郡山添村 , 京都府 相楽郡和束町 , 熊本県 球磨郡多良木町 , 島根県 隠岐郡西ノ島町 , 沖縄県 国頭郡宜野座村 , 熊本県 球磨郡相良村 , 福井県 大飯郡おおい町 , 福岡県 築上郡上毛町 , 高知県 四万十市 , 北海道 中川郡音威子府村 , 和歌山県 東牟婁郡那智勝浦町 , 三重県 熊野市 , 奈良県 吉野郡大淀町 , 宮崎県 西諸県郡高原町 , 岡山県 高梁市 , 岡山県 勝田郡勝央町 , 徳島県 那賀郡那賀町 , 福岡県 大川市 , 福島県 相馬郡新地町 , 青森県 三戸郡新郷村 , 鹿児島県 大島郡徳之島町

分布数

全国 都道府県順位
レベル6 1 大阪府(約17,200人)
2 鹿児島県(約13,800人)
3 兵庫県(約8,100人)
4 三重県(約8,100人)
5 熊本県(約7,900人)
6 北海道(約7,700人)
7 福岡県(約7,100人)
8 石川県(約6,600人)
9 和歌山県(約6,000人)
10 東京都(約5,700人)
人口約155,400人
順位118 位
市区町村順位
1 鹿児島県 鹿児島市(約3,800人)
2 熊本県 熊本市(約2,700人)
3 三重県 北牟婁郡紀北町(約2,200人)
4 石川県 金沢市(約2,100人)
5 和歌山県 和歌山市(約1,600人)
6 大阪府 堺市(約1,500人)
7 宮崎県 都城市(約1,400人)
8 兵庫県 尼崎市(約1,100人)
9 鹿児島県 南九州市(約1,000人)
10 大阪府 東大阪市(約1,000人)
小地域順位
1 三重県 北牟婁郡紀北町 長島(約1,100人)
2 三重県 北牟婁郡紀北町 東長島(約700人)
3 鹿児島県 南九州市 上別府(約300人)
4 京都府 京丹後市 間人(約200人)
5 鹿児島県 鹿児島市 吉野町(約200人)
6 三重県 尾鷲市 早田町(約200人)
7 鹿児島県 鹿児島市 下福元町(約200人)
8 鹿児島県 指宿市 小川(約200人)
9 鹿児島県 日置市 徳重(約200人)
9 鹿児島県 南九州市 田部田(約200人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.127% 1 鹿児島県(0.644%)
2 石川県(0.521%)
3 和歌山県(0.471%)
4 熊本県(0.413%)
5 三重県(0.407%)
6 奈良県(0.329%)
7 宮崎県(0.277%)
8 福井県(0.241%)
9 大阪府(0.228%)
10 大分県(0.2%)
市区町村順位
1 三重県 北牟婁郡紀北町(6.98%)
2 高知県 幡多郡三原村(3.56%)
3 奈良県 吉野郡十津川村(3.25%)
4 和歌山県 東牟婁郡北山村(3.15%)
5 鹿児島県 大島郡知名町(2.89%)
6 熊本県 阿蘇郡西原村(2.85%)
7 鹿児島県 大島郡和泊町(2.57%)
8 三重県 尾鷲市(2.38%)
9 石川県 能美郡川北町(2.05%)
10 熊本県 球磨郡山江村(1.86%)
小地域順位
1 熊本県 菊池市 重味篠倉(47.1% / 約30人)
2 熊本県 人吉市 下漆田町(46.3% / 約110人)
3 三重県 尾鷲市 早田町(39.6% / 約200人)
4 大阪府 泉南市 別所(35.7% / 約20人)
5 熊本県 菊池市 木庭(35.6% / 約90人)
6 千葉県 香取市 多田新田(33.3% / 約30人)
6 京都府 相楽郡和束町 門前尾根(33.3% / 約20人)
8 大分県 臼杵市 中津浦(31.1% / 約200人)
9 青森県 十和田市 赤沼向川原(31% / 約40人)
10 熊本県 人吉市 東漆田町(30.8% / 約30人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

【東】姓の有名人

同姓同名ランキング

1 東 昇 (146)
2 東 勇 (141)
3 東 弘 (120)
4 東 正 (108)
5 東 実 (104)
6 東 武 (101)
7 東 幸雄 (99)
8 東 博 (97)
9 東 進 (96)
10 東 清 (93)
11 東 功 (92)
11 東 幸男 (92)
12 東 茂 (90)
13 東 明 (89)
13 東 洋一 (89)
13 東 一郎 (89)
14 東 三郎 (87)
15 東 稔 (83)
16 東 勉 (80)
16 東 光男 (80)
17 東 修 (77)
18 東 秀雄 (75)
19 東 宏 (74)
19 東 勝 (74)
20 東 義雄 (73)
20 東 一男 (73)
21 東 孝 (72)
21 東 健二 (72)
22 東 豊 (71)
22 東 勲 (71)
23 東 一夫 (70)
24 東 登 (66)
24 東 良一 (66)
25 東 正人 (64)
26 東 誠 (63)
27 東 正雄 (62)
27 東 孝一 (62)
27 東 和男 (62)
28 東 健一 (61)
29 東 隆 (60)
29 東 徹 (60)
29 東 保 (60)
29 東 一雄 (60)
30 東 正明 (58)
30 東 正治 (58)
30 東 勝美 (58)
31 東 正一 (56)
31 東 幸一 (56)
32 東 司 (55)
33 東 敏夫 (54)
34 東 守 (52)
34 東 秀夫 (52)
34 東 敏雄 (52)
34 東 信夫 (52)
35 東 忠雄 (51)
35 東 哲也 (51)
36 東 寛 (50)
36 東 武雄 (50)
37 東 昭 (49)
37 東 正義 (49)
37 東 栄一 (49)
38 東 薫 (48)
38 東 博文 (48)
38 東 久雄 (48)
39 東 章 (47)
39 東 正男 (47)
39 東 和夫 (47)
40 東 義則 (46)
40 東 秀樹 (46)
41 東 日出男 (45)
41 東 武夫 (45)
41 東 正幸 (45)
42 東 浩一 (44)
42 東 光雄 (44)
42 東 信一 (44)
43 東 秀一 (43)
43 東 正夫 (43)
43 東 文雄 (43)
44 東 日出夫 (42)
44 東 義信 (42)
44 東 直樹 (42)
44 東 俊一 (42)
45 東 邦彦 (41)
46 東 晃 (40)
46 東 哲夫 (40)
46 東 和彦 (40)
46 東 克彦 (40)
47 東 貢 (39)
47 東 昭夫 (39)
47 東 俊雄 (39)
48 東 英雄 (38)
48 東 義明 (38)
48 東 浩二 (38)
48 東 忠男 (38)
49 東 巌 (37)
49 東 重雄 (37)
49 東 賢一 (37)
49 東 良雄 (37)
49 東 正弘 (37)
50 東 義人 (36)