「辛」名字の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【辛】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

シン 【辛】3 日本姓氏語源辞典

東京都大阪府兵庫県

コリア系合略シナ系と同源。唐の時代のシナから来住。コリア音もシン。大阪府大阪市生野区桃谷に分布あり。

シナ系合略。莘の略。中華人民共和国陝西省渭南市合陽県(旧:莘)発祥。莘姓を称して後に改姓したと伝える。莘は現代の北京音ではシェン。シナ音もシン。神奈川県横浜市中区新山下に分布あり。

事物岩手県盛岡市内丸が藩庁の盛岡藩士に江戸時代にあった。同藩士の中野氏が1721年(享保6年)の辛丑(カノトウシ・シンチュウ)の年に誕生したことで盛岡藩主の南部利視から賜ったと伝える。岩手県ではカノト。中野ナカノ参照。

カノト 【辛】3 日本姓氏語源辞典

シン参照。

関連項目

カライシ 【辛石】1, カラカワ 【辛川】4, カラサワ 【辛沢】1, カラシマ 【辛島】5, カラヤマ 【辛山】3, シゲミツ 【重光】5, シントウ 【辛藤】1, シンモト 【辛本】1, トクガワ 【徳川】4, ナガヤマ 【永山】6, ネイヤマ 【寧山】2, ヨシヤマ 【霊山】3から参照。

もしかして

カノト 【鹿戸】4 , カノト 【鹿ノ戸】2 , シン 【秦】6 , シン 【新】5 , シン 【進】5 , シン 【申】4 , シン 【真】3 , シン 【信】3 , シン 【慎】3 , シン 【眞】2 , シン 【蓁】2 , シン 【愼】2 , ジン 【神】5 , ジン 【陳】5 , ジン 【陣】3 , ジン 【仁】3

「辛」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【辛】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 東京都(約50人)
1 兵庫県(約50人)
3 神奈川県(約30人)
4 岩手県(約20人)
4 大阪府(約20人)
6 京都府(約20人)
7 千葉県(約10人)
7 北海道(約10人)
9 福岡県(約10人)
9 愛知県(約10人)
人口約300人
順位17,561 位
市区町村順位
1 京都府 京都市西京区(約10人)
1 岩手県 盛岡市(約10人)
1 東京都 江戸川区(約10人)
4 神奈川県 横浜市中区(約10人)
4 東京都 練馬区(約10人)
4 兵庫県 神戸市長田区(約10人)
4 兵庫県 神戸市東灘区(約10人)
4 兵庫県 姫路市(約10人)
9 福岡県 八女市(ごく少数)
9 東京都 あきる野市(ごく少数)
小地域順位
1 京都府 京都市西京区 下津林前泓町(約10人)
1 東京都 江戸川区 北小岩(約10人)
1 東京都 練馬区 南田中(約10人)
1 岩手県 盛岡市 緑が丘(約10人)
5 宮城県 仙台市青葉区 国見ケ丘(ごく少数)
5 兵庫県 神戸市須磨区 横尾(ごく少数)
5 千葉県 市川市 新井(ごく少数)
5 神奈川県 逗子市 沼間(ごく少数)
5 愛知県 知多郡武豊町 豊成(ごく少数)
5 神奈川県 相模原市 相武台団地(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000231% 1 岩手県(0.00143%)
2 兵庫県(0.000985%)
3 京都府(0.000665%)
4 東京都(0.000597%)
5 神奈川県(0.000491%)
6 宮城県(0.000417%)
7 大阪府(0.000288%)
8 千葉県(0.000265%)
9 山口県(0.000239%)
10 栃木県(0.000222%)
市区町村順位
1 兵庫県 川辺郡猪名川町(0.0182%)
2 北海道 岩内郡岩内町(0.0176%)
3 東京都 千代田区(0.0154%)
4 栃木県 那須郡那須町(0.0126%)
5 岩手県 遠野市(0.0114%)
6 愛知県 知多郡武豊町(0.0102%)
7 京都府 京都市西京区(0.00989%)
8 神奈川県 横浜市中区(0.0095%)
9 兵庫県 神戸市長田区(0.00821%)
10 愛知県 日進市(0.00732%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

【辛】姓の有名人

同姓同名ランキング

1 辛 福圭 (2)
1 辛 文則 (2)
1 辛 容祥 (2)
1 辛 基秀 (2)