湯の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
湯

湯さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【湯】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

トウ 【湯】3 日本姓氏語源辞典

兵庫県東京都北海道。ユも含む分布。

シナ系。シナ音はタン。兵庫県神戸市中央区栄町通に分布あり。

島根県松江市玉湯町湯(ユ)町発祥。鎌倉時代に「湯郷」と呼称した地名。島根県鹿足郡津和野町後田が藩庁の津和野藩士に江戸時代にあった。発音はユ。

岡山県美作市湯郷(ユノゴウ)発祥。戦国時代から記録のある地名。1592年から1596年(文禄年間)頃に鳥越姓に改姓したと伝える。鳥越トリゴエ参照。

和歌山県和歌山市付近(旧:名草郡)で833年(天長10年)に湯(ユ)直の姓氏の記録あり。

2018年 6月 27日 更新

ユ 【湯】3 日本姓氏語源辞典

トウ参照。

2017年 10月 15日 更新

もしかして

トウ 【東】6 , トウ 【藤】5 , トウ 【党】3 , トウ 【唐】3 , トウ 【董】3 , トウ 【鄧】3 , トウ 【桃宇】3 , トウ 【刀】3 , トウ 【黨】2 , トウ 【滕】2 , トウ 【塔】1 , トウ 【竇】1 , ドウ 【堂】4 , ドウ 【銅】3 , ドウ 【童】2 , ユ 【柚】3 , ユ 【兪】3 , ユ 【喩】2

「湯」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【湯】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 兵庫県(約30人)
2 東京都(約30人)
3 北海道(約20人)
4 滋賀県(約10人)
5 神奈川県(約10人)
5 和歌山県(約10人)
7 福岡県(ごく少数)
7 栃木県(ごく少数)
7 愛知県(ごく少数)
7 徳島県(ごく少数)
人口約140人
順位25,935 位
市区町村順位
1 兵庫県 神戸市中央区(約10人)
2 滋賀県 大津市(約10人)
2 和歌山県 和歌山市(約10人)
2 北海道 札幌市南区(約10人)
2 兵庫県 神戸市須磨区(約10人)
2 兵庫県 神戸市灘区(約10人)
7 神奈川県 中郡大磯町(ごく少数)
7 滋賀県 東近江市(ごく少数)
7 栃木県 宇都宮市(ごく少数)
7 福岡県 大野城市(ごく少数)
小地域順位
1 滋賀県 大津市 大江(約10人)
1 北海道 札幌市南区 藤野二条(約10人)
1 兵庫県 神戸市灘区 篠原南町(約10人)
1 兵庫県 神戸市中央区 栄町通(約10人)

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000113% 1 滋賀県(0.000974%)
2 和歌山県(0.000685%)
3 兵庫県(0.000657%)
4 徳島県(0.000468%)
5 東京都(0.000348%)
6 北海道(0.000279%)
7 栃木県(0.000222%)
8 三重県(0.000219%)
9 神奈川県(0.000123%)
10 福岡県(ごく僅か)
市区町村順位
1 北海道 増毛郡増毛町(0.0471%)
2 兵庫県 神戸市中央区(0.0146%)
3 神奈川県 中郡大磯町(0.0121%)
4 兵庫県 神戸市灘区(0.00846%)
5 福岡県 大野城市(0.00676%)
6 徳島県 鳴門市(0.00608%)
7 北海道 札幌市南区(0.00603%)
8 兵庫県 神戸市須磨区(0.00546%)
9 兵庫県 神戸市兵庫区(0.00427%)
10 愛知県 名古屋市天白区(0.00396%)
小地域順位

関連項目

トウ 【塔】1は異形。

トウ【塔】1, ユ【湯】3, ユウチョウ【湯張】1, ユカワ【湯川】5, ユタニ【湯谷】5, ユモト【湯本】5から参照。

【湯】姓の有名人

同姓同名ランキング

1 湯 柏栄 (3)