東馬の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

東馬

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【東馬】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

トウマ 【東馬】3 日本姓氏語源辞典

岡山県徳島県石川県。アズマも含む分布。

当麻姓あり。岡山県岡山市北区平山が本拠。岡山県岡山市北区丸の内が藩庁の岡山藩士、岡山県倉敷市藤戸町天城に江戸時代にあった。

事物石川県では東(アズマ)姓と東(ヒガシ)姓があって東京時代に手紙の誤配があったことから飼っていた馬により「馬」を追加したと伝える。発音はアズマ。ヒガシ参照。

アズマ 【東馬】3 日本姓氏語源辞典

東馬トウマ参照。

もしかして

アスマ 【遊馬】4 , アスマ 【明間】4 , アスマ 【飛鳥馬】3 , アスマ 【阿須間】3 , アスマ 【飛鳥間】2 , アズマ 【東】6 , アズマ 【我妻】5 , アズマ 【吾妻】5 , アズマ 【東間】4 , アズマ 【東都】3 , アズマ 【東妻】3 , アズマ 【阿妻】3 , アズマ 【四阿】3 , アズマ 【阿津間】2 , アズマ 【麻妻】2 , アズマ 【吾㛏】1 , トウマ 【藤間】5 , トウマ 【当間】5 , トウマ 【当麻】5 , トウマ 【当真】5 , トウマ 【當間】4 , トウマ 【東間】4 , トウマ 【當真】4 , トウマ 【当摩】4 , トウマ 【當麻】4 , トウマ 【當眞】3 , トウマ 【當摩】3 , トウマ 【唐真】3 , トウマ 【藤馬】3 , トウマ 【問馬】2 , トウマ 【稲摩】2 , トウマ 【当馬】2 , トウマ 【當磨】2 , トウマ 【塔間】2 , トウマ 【当磨】2 , トウマ 【当广】2 , トウマ 【当眞】2 , トウマ 【頭間】2 , トウマ 【富真】1 , トウマ 【東麻】1 , トウマ 【唐馬】1 , ドウマ 【堂馬】3 , ドウマ 【道間】3 , ドウマ 【堂間】2 , ドウマ 【同馬】1

「東馬」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【東馬】姓の分布

顕著に見られる市区町村

岐阜県 大野郡白川村

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 岡山県(約100人)
2 石川県(約20人)
2 愛知県(約20人)
2 徳島県(約20人)
2 兵庫県(約20人)
6 岐阜県(約20人)
7 神奈川県(約10人)
8 東京都(約10人)
9 静岡県(ごく少数)
9 茨城県(ごく少数)
人口約300人
順位18,360 位
市区町村順位
1 岡山県 岡山市(約70人)
2 岡山県 倉敷市(約40人)
3 徳島県 阿波市(約20人)
4 石川県 金沢市(約10人)
4 石川県 羽咋郡志賀町(約10人)
4 岐阜県 大野郡白川村(約10人)
7 石川県 羽咋市(ごく少数)
7 愛知県 一宮市(ごく少数)
7 京都府 京都市右京区(ごく少数)
7 三重県 員弁郡東員町(ごく少数)
小地域順位
1 岡山県 岡山市 平山(約50人)
2 岡山県 倉敷市 下津井(約20人)
3 岡山県 倉敷市 児島唐琴(約10人)
3 徳島県 阿波市 高尾山王子(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000213% 1 岡山県(0.00488%)
2 徳島県(0.00234%)
3 石川県(0.00171%)
4 岐阜県(0.000754%)
5 兵庫県(0.00041%)
6 愛知県(0.000336%)
7 三重県(0.000219%)
8 神奈川県(0.000184%)
9 京都府(0.000166%)
10 茨城県(0.000142%)
市区町村順位
1 岐阜県 大野郡白川村(0.366%)
2 徳島県 阿波市(0.0434%)
3 石川県 羽咋郡志賀町(0.0264%)
4 神奈川県 足柄下郡箱根町(0.023%)
5 三重県 員弁郡東員町(0.0162%)
6 石川県 羽咋市(0.0134%)
7 愛知県 海部郡蟹江町(0.0126%)
8 茨城県 那珂郡東海村(0.0116%)
9 岡山県 岡山市(0.0103%)
10 岡山県 倉敷市(0.00801%)
小地域順位
1 岡山県 岡山市 平山(2.92% / 約50人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

同姓同名ランキング

1 東馬 勝 (3)