「文」名字の由来、語源、分布

人名力・別館

【文】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブン 【文】4 日本姓氏語源辞典

大阪府東京都兵庫県

コリア系。コリア音はムン。

百済系京都府京都市大阪府東部(旧:河内国)に平安時代に文宿禰、文忌寸の姓氏があった。

シナ系。シナ音はウェン。

後漢系奈良県に飛鳥時代に文直、文連の姓氏があった。

創賜鹿児島県の奄美群島の一字姓。鹿児島県ではカザリも含む分布。

カザリ 【文】4 日本姓氏語源辞典

ブン参照。

フミ 【文】4 日本姓氏語源辞典

ブン参照。

関連項目

エシロ 【江城】3, オオノ 【大野】7, サフミ 【佐文】2, サンコウ 【三光】3, トミヒラ 【富平】3, ナカジマ 【中島】7, ヒラサワ 【平沢】6, ヒラフミ 【平文】2, フミアキ 【文明】1, フミイ 【文井】2, フミイワ 【文岩】3, フミオカ 【文岡】3, フミカワ 【文川】3, フミクラ 【文倉】3, フミザワ 【文沢】3, フミゾノ 【文園】3, フミナガ 【文永】2, フミナリ 【文成】3, フミハラ 【文原】3, フミヒラ 【文平】3, フミムラ 【文村】3, フミモト 【文元】4, フミモト 【文本】3, フミモト 【富美本】1, フミモリ 【文森】2, フミヤマ 【文山】4, ブンエイ 【文栄】3, ブンキ 【文城】3, ブンダ 【文田】4, ブンドウ 【文藤】3, ブンノ 【文野】4, ブンヤ 【文谷】3, ミワタ 【三綿】2, ワタモト 【棉本】2から参照。

もしかして

カサリ 【笠利】3 , カサリ 【加佐利】1 , カザリ 【錺】3 , カザリ 【飾】2 , カザリ 【花厳】2 , カザリ 【餝】2 , カザリ 【花嚴】1 , フミ 【富美】2 , フミ 【冨美】2 , ブン 【聞】2

「文」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【文】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 大阪府(約200人)
2 東京都(約200人)
3 兵庫県(約70人)
4 鹿児島県(約50人)
4 埼玉県(約50人)
6 京都府(約50人)
7 神奈川県(約40人)
7 愛知県(約40人)
7 千葉県(約40人)
10 福岡県(約30人)
人口約900人
順位8,522 位
市区町村順位
1 大阪府 大阪市生野区(約70人)
2 鹿児島県 奄美市(約30人)
3 東京都 足立区(約30人)
3 兵庫県 神戸市中央区(約30人)
5 東京都 荒川区(約20人)
5 東京都 板橋区(約20人)
7 東京都 葛飾区(約20人)
7 大阪府 大阪市東成区(約20人)
7 大阪府 大阪市西成区(約20人)
10 京都府 京都市南区(約10人)
小地域順位
1 東京都 荒川区 東日暮里(約20人)
2 兵庫県 神戸市中央区 中山手通(約10人)
2 大阪府 大阪市生野区 生野西(約10人)
2 鹿児島県 奄美市 大熊(約10人)
5 奈良県 奈良市 帝塚山南(約10人)
5 鹿児島県 奄美市 井根町(約10人)
5 栃木県 芳賀郡茂木町 茂木(約10人)
5 大阪府 大阪市生野区 田島(約10人)
5 千葉県 市原市 古市場(約10人)
5 東京都 葛飾区 四つ木(約10人)
都道府県分布数図都道府県分布数図 市区町村分布数図市区町村分布数図 小地域分布数図小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000759% 1 鹿児島県(0.00244%)
2 大阪府(0.00242%)
3 奈良県(0.00238%)
4 滋賀県(0.00195%)
5 京都府(0.00183%)
6 東京都(0.00179%)
7 兵庫県(0.00131%)
8 香川県(0.00115%)
9 栃木県(0.00111%)
10 埼玉県(0.000881%)
市区町村順位
1 鹿児島県 大島郡宇検村(0.119%)
2 鹿児島県 大島郡瀬戸内町(0.0755%)
3 大阪府 大阪市生野区(0.056%)
4 鹿児島県 奄美市(0.0486%)
5 栃木県 芳賀郡茂木町(0.042%)
6 沖縄県 中頭郡中城村(0.0368%)
7 大阪府 大阪市浪速区(0.0301%)
8 兵庫県 神戸市中央区(0.0292%)
9 大阪府 大阪市東成区(0.0261%)
10 佐賀県 三養基郡基山町(0.0252%)
小地域順位
都道府県分布比率図都道府県分布比率図 市区町村分布比率図市区町村分布比率図 小地域分布比率図小地域分布比率図