人名力・別館

 ― 名字の由来、語源、分布 ― 

中村

【中村】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル7 1 東京都(約76,600人)
2 大阪府(約60,000人)
3 神奈川県(約56,000人)
4 福岡県(約53,600人)
5 埼玉県(約52,500人)
人口約1,029,100人
順位8 位
市区町村順位
1 静岡県 浜松市(約13,200人)
2 熊本県 熊本市(約8,800人)
3 長崎県 長崎市(約7,300人)
4 石川県 金沢市(約6,300人)
5 新潟県 新潟市(約6,100人)
小地域順位
1 静岡県 浜松市 宇布見(約1,500人)
2 福岡県 八女市 上辺春(約600人)
3 静岡県 浜松市 富塚町(約500人)
4 長野県 上水内郡信濃町 柏原(約500人)
4 三重県 志摩市 鵜方(約500人)
都道府県分布数図 市区町村分布数図 小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.839% 1 山口県(1.54%)
2 三重県(1.51%)
3 長崎県(1.45%)
4 青森県(1.28%)
5 熊本県(1.28%)
市区町村順位
1 沖縄県 島尻郡座間味村(11.3%)
2 千葉県 長生郡睦沢町(6.96%)
3 青森県 上北郡六ヶ所村(6.27%)
4 福岡県 三潴郡大木町(5.37%)
5 三重県 鳥羽市(5.37%)
小地域順位
1 秋田県 鹿角市 十和田大湯関上(100% / 約90人)
1 香川県 観音寺市 大野原残水東(100% / 約40人)
1 秋田県 鹿角郡小坂町 小坂相内(100% / 約30人)
4 秋田県 鹿角市 十和田大湯下タノ平(95.8% / 約100人)
5 新潟県 上越市 寺脇(91.7% / 約50人)
都道府県分布比率図 市区町村分布比率図 小地域分布比率図

日本姓氏語源辞典

ナカムラ 【中村】7

東京都大阪府神奈川県

地形。中央部の村から。佐賀県杵島郡で室町時代に渋江氏が上村姓、中村姓、下村姓を称したと伝える。渋江シブエ参照。上村カミムラ参照。下村シモムラ参照。鳥取県八頭郡若桜町根安、香川県仲多度郡まんのう町京都府与謝郡伊根町蒲入、石川県小松市滝ケ原町では明治新姓と伝える。江戸時代にあった門割制度の中村門から。門の位置の例。鹿児島県伊佐市大口牛尾、鹿児島県出水市野田町下名、鹿児島県出水市野田町上名、鹿児島県阿久根市大川、鹿児島県薩摩郡さつま町虎居、鹿児島県姶良市上名、鹿児島県日置市東市来町長里、鹿児島県南さつま市金峰町中津野、鹿児島県南さつま市加世田武田、鹿児島県南さつま市加世田津貫、鹿児島県枕崎市妙見町、鹿児島県指宿市山川成川、鹿児島県指宿市山川福元、鹿児島県霧島市国分川内、鹿児島県霧島市霧島田口、鹿児島県霧島市福山町福沢、鹿児島県霧島市福山町福山、鹿児島県曽於市末吉町南之郷、鹿児島県志布志市松山町新橋、鹿児島県志布志市松山町尾野見、鹿児島県垂水市市木、鹿児島県鹿屋市串良町岡崎、鹿児島県鹿屋市川西町、鹿児島県肝属郡肝付町新富、鹿児島県肝属郡錦江町神川、鹿児島県肝属郡錦江町田代麓、宮崎県小林市堤、宮崎県都城市高城町大井手、宮崎県都城市太郎坊町、宮崎県都城市丸谷町、宮崎県都城市山田町山田、宮崎県北諸県郡三股町蓼池、宮崎県北諸県郡三股町餅原。善隣大阪府大東市北条での明治新姓善隣福岡県田川郡福智町金田、鳥取県鳥取市用瀬町美成、長野県長野市豊野町豊野に分布あり。※青森県五所川原市では大阪府北部・兵庫県東南部(旧:摂津国)の生玉の中村からと伝える。位置不詳。※茨城県筑西市中村新田付近(旧:中村)は経由地。江戸時代から記録のある地名。地名は中村氏が開発したことからと伝える。

神奈川県足柄上郡中井町・小田原市中村原付近(旧:中村郷)から発祥。奈良時代から記録のある地名。

奈良県葛城市忍海(旧:中村)発祥。戦国時代から記録のある地名。

兵庫県姫路市香寺町中村発祥。江戸時代から記録のある地名。

山口県下関市豊田町大字中村発祥。江戸時代から記録のある地名。

三重県名張市箕曲中村発祥。平安時代から記録のある地名。

静岡県掛川市中(旧:中村)発祥。南北朝時代から記録のある地名。

栃木県真岡市中(旧:中村)発祥。鎌倉時代から記録のある地名。群馬県邑楽郡邑楽町藤川での伝承。

茨城県鹿嶋市中(旧:中村)発祥。平安時代から記録のある地名。

島根県隠岐郡隠岐の島町中村発祥。鎌倉時代から記録のある地名。

⑪島根県西部(旧:石見国)では島根県邑智郡の中ノ村からと伝える。島根県邑智郡邑南町中野が比定地。同地は戦国時代には「中之村」と呼称した。

愛知県名古屋市中村区発祥。平安時代から記録のある地名。

鹿児島県南九州市頴娃町牧之内中村発祥。同地に江戸時代に門割制度の中村門があった。

鹿児島県肝属郡南大隅町佐多辺塚中村発祥。

鹿児島県志布志市松山町尾野見の小字の中村から発祥。

岩手県一関市の花泉町(旧:中村)から発祥。平安時代に「仲村」の表記で記録のある地名。

岩手県二戸郡一戸町根反中村発祥。

埼玉県秩父市中村町発祥。平安時代から記録のある地名。

福井県鯖江市上河端町の小字の中村から発祥。同地での伝承。

高知県高岡郡四万十町中村発祥。安土桃山時代から記録のある地名。

徳島県板野郡北島町中村発祥。江戸時代から記録のある地名。

福島県相馬市中村発祥。戦国時代から記録のある地名。

山梨県山梨市中村発祥。江戸時代から記録のある地名。

岐阜県本巣市文殊付近(旧:中村)鎌倉時代から室町時代に記録のある地名。地名は「仲村」とも表記した。

宮崎県日南市南郷町中村甲・南郷町中村乙発祥。江戸時代から記録のある地名。同地に分布あり。

宮崎県北諸県郡三股町樺山の小字の中村から発祥。

福岡県柳川市西蒲池の小字の中村から発祥。同地に分布あり。

熊本県山鹿市中中村付近(旧:中村手永)から発祥。同地に江戸時代にあった。

三重県伊賀市中村発祥。江戸時代から記録のある地名。同地に安土桃山時代にあった。

福岡県糸島市二丈吉井の小字の中村から発祥。

合略。中臣村主の略。京都府京丹後市丹後町間人では飛鳥時代の皇族である穴穂部間人皇女の従者だった中臣村主忠世(ナカトミノスグリ・タダヨ)の後裔が称したと伝える。中臣村主は現存するか不明。中臣ナカトミ参照。

合略。仲村渠の略。沖縄県沖縄市知花では1945年以降に改姓したと伝える。仲村渠ナカンダカリ参照。

合略。東中村の略。鹿児島県鹿児島市で1951年に改姓。東中村ヒガシナカムラ参照。

名嘉村の異形。沖縄県うるま市与那城屋慶名では1945年以降に改姓したと伝える。

コリア系京都府京都市伏見区で1953年1月20日に帰化の記録あり。本姓は裵。ハイ参照。他姓もあり。

関連項目

ナカムラ 【仲村】6, ナカムラ 【中邑】4, ナカムラ 【中邨】4, ナカムラ 【名嘉村】3, ナカムラ 【仲邑】3, ナカムラ 【仲邨】1は異形。

コナカムラ 【小中村】2姓あり。

もしかして

ナカムラ 【仲村】6 , ナカムラ 【中邑】4 , ナカムラ 【中邨】4 , ナカムラ 【名嘉村】3 , ナカムラ 【仲邑】3 , ナカムラ 【仲邨】1