続の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
続

続さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【続】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツヅキ 【続】4 日本姓氏語源辞典

熊本県北海道東京都都筑姓あり。熊本県玉名市岩崎が藩庁の熊本新田藩士、山形県山形市霞城町が藩庁の山形藩士に江戸時代にあった。熊本県玉名市田崎では熊本県熊本市中央区本丸が藩庁の熊本藩主の細川氏から庄屋が江戸時代に賜ったと伝える。北海道松前郡松前町に江戸時代にあった。同地では青森県むつ市川内町の出と伝える。

2019年 7月 26日 更新

ツヅク 【続】4 日本姓氏語源辞典

ツヅキ参照。

2018年 9月 22日 更新

もしかして

ツツキ 【筒木】4 , ツツキ 【津々木】3 , ツヅキ 【都築】6 , ツヅキ 【仲】5 , ツヅキ 【都筑】5 , ツヅキ 【続木】5 , ツヅキ 【都竹】5 , ツヅキ 【筑木】3 , ツヅキ 【都々木】3 , ツヅキ 【續】3 , ツヅキ 【綴木】3 , ツヅキ 【綴喜】3 , ツヅキ 【續木】2 , ツヅキ 【辻築】2 , ツヅキ 【都築木】1 , ツヅク 【都築】6 , ツヅク 【都筑】5 , ツヅク 【都竹】5 , ツヅク 【續】3 , ツヅク 【続葛】2

「続」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【続】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル4 1 熊本県(約300人)
2 北海道(約130人)
3 東京都(約90人)
4 千葉県(約70人)
5 大阪府(約60人)
6 神奈川県(約50人)
7 福岡県(約50人)
7 大分県(約50人)
9 愛知県(約40人)
10 徳島県(約40人)
人口約1,200人
順位7,415 位
市区町村順位
1 熊本県 熊本市(約90人)
2 大分県 大分市(約40人)
3 徳島県 三好市(約30人)
3 熊本県 宇城市(約30人)
5 熊本県 玉名市(約30人)
5 熊本県 合志市(約30人)
5 北海道 小樽市(約30人)
8 熊本県 八代市(約20人)
8 熊本県 菊池市(約20人)
10 神奈川県 厚木市(約20人)
小地域順位
1 熊本県 合志市 野々島(約20人)
2 熊本県 玉名郡玉東町 稲佐(約20人)
2 熊本県 菊池市 吉富(約20人)
2 北海道 札幌市中央区 円山西町(約20人)
2 徳島県 三好市 芝生(約20人)
2 徳島県 三好市 菅生(約20人)
7 北海道 小樽市 奥沢(約10人)
7 千葉県 市原市 中高根(約10人)
7 熊本県 阿蘇市 中通(約10人)
7 熊本県 熊本市 春日(約10人)

顕著に見られる市区町村

熊本県 玉名郡玉東町 , 徳島県 三好市 , 北海道 標津郡標津町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.00095% 1 熊本県(0.016%)
2 徳島県(0.00421%)
3 大分県(0.00354%)
4 秋田県(0.0021%)
5 北海道(0.00209%)
6 千葉県(0.00141%)
7 宮崎県(0.00136%)
8 奈良県(0.00119%)
9 福岡県(0.00109%)
10 東京都(0.00104%)
市区町村順位
1 熊本県 玉名郡玉東町(0.251%)
2 徳島県 三好市(0.0671%)
3 熊本県 玉名郡和水町(0.0567%)
4 北海道 標津郡標津町(0.0545%)
5 熊本県 合志市(0.0534%)
6 熊本県 阿蘇市(0.0525%)
7 熊本県 宇城市(0.0506%)
8 熊本県 菊池市(0.0397%)
9 福岡県 糟屋郡須恵町(0.0391%)
10 熊本県 玉名市(0.0331%)
小地域順位
1 熊本県 合志市 野々島(0.705% / 約20人)

関連項目

ツヅク【続】4から参照。

【続】姓の有名人

同姓同名ランキング

1 続 清 (3)
1 続 明 (3)
1 続 博 (3)
1 続 京子 (3)