永の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【永】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナガ 【永】4 日本姓氏語源辞典

鹿児島県兵庫県。ナガイも含む分布。鹿児島県大島郡喜界町ではナガイ。創賜。好字の「永」から。鹿児島県の奄美群島の一字姓。鹿児島県大島郡喜界町中熊先内が本拠。同地では平家の落人の後裔と伝える。タイラ参照。鹿児島県大島郡喜界町に江戸時代にあった。東京都台東区元浅草にある単立の最尊寺の僧侶による明治新姓。発音はエイ。同地の旧名の永住町は1869年に成立した地名。

エイ 【永】4 日本姓氏語源辞典

ナガ参照。

ナガイ 【永】4 日本姓氏語源辞典

ナガ参照。

関連項目

エイジ【永治】3, カナガ【嘉永】3, サクラナガ【佐倉永】2, トキナガ【時永】3, ナガイ【永井】6, ナガキ【永喜】3, ナガクラ【永蔵】2, ナガシマ【永島】6, ナガタ【永田】6, ナガタ【永多】3, ナガニ【永二】3, ナガモト【永元】4, ナガヨシ【永義】2, フサナガ【房永】2, ヨシナガ【義永】4から参照。

もしかして

エイ 【栄】5 , エイ 【江井】4 , エイ 【衛】3 , エイ 【頴娃】3 , エイ 【恵井】2 , エイ 【江居】2 , ナガイ 【永井】6 , ナガイ 【長井】6 , ナガイ 【長居】3 , ナガイ 【永居】3 , ナガイ 【永射】3 , ナガイ 【長医】2 , ナガイ 【長位】2 , ナガイ 【長意】2 , ナガイ 【長伊】2

「永」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【永】姓の分布

顕著に見られる市区町村

鹿児島県 大島郡喜界町 , 鹿児島県 大島郡伊仙町 , 鹿児島県 大島郡瀬戸内町 , 鹿児島県 奄美市

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 鹿児島県(約200人)
2 兵庫県(約70人)
3 大阪府(約60人)
4 東京都(約40人)
5 長崎県(約30人)
5 福岡県(約30人)
5 神奈川県(約30人)
8 愛知県(約30人)
9 北海道(約30人)
10 富山県(約20人)
人口約600人
順位11,624 位
市区町村順位
1 鹿児島県 奄美市(約50人)
2 鹿児島県 大島郡喜界町(約30人)
3 鹿児島県 大島郡瀬戸内町(約20人)
3 鹿児島県 大島郡伊仙町(約20人)
5 兵庫県 神戸市中央区(約20人)
6 福岡県 福岡市早良区(約10人)
6 神奈川県 横浜市瀬谷区(約10人)
6 長崎県 長崎市(約10人)
6 富山県 高岡市(約10人)
6 大阪府 門真市(約10人)
小地域順位
1 鹿児島県 大島郡喜界町 中熊先内(約30人)
2 鹿児島県 大島郡瀬戸内町 久慈(約10人)
3 福岡県 福岡市早良区 荒江(約10人)
3 東京都 国分寺市 東元町(約10人)
3 東京都 台東区 元浅草(約10人)
3 鹿児島県 奄美市 川内(約10人)
3 鹿児島県 大島郡伊仙町 面縄(約10人)
3 兵庫県 神戸市中央区 山本通(約10人)
3 神奈川県 横浜市瀬谷区 南瀬谷(約10人)
3 鹿児島県 大島郡伊仙町 伊仙(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000457% 1 鹿児島県(0.00773%)
2 長崎県(0.00206%)
3 富山県(0.00137%)
4 兵庫県(0.00131%)
5 大阪府(0.000806%)
6 福岡県(0.000791%)
7 東京都(0.000498%)
8 神奈川県(0.000491%)
9 愛知県(0.000471%)
10 北海道(0.000419%)
市区町村順位
1 鹿児島県 大島郡喜界町(0.245%)
2 鹿児島県 大島郡伊仙町(0.193%)
3 鹿児島県 大島郡瀬戸内町(0.126%)
4 鹿児島県 奄美市(0.0764%)
5 鹿児島県 大島郡龍郷町(0.0532%)
6 奈良県 高市郡高取町(0.0458%)
7 北海道 中川郡本別町(0.03%)
8 北海道 上川郡美瑛町(0.0278%)
9 鹿児島県 大島郡徳之島町(0.025%)
10 鹿児島県 熊毛郡屋久島町(0.0214%)
小地域順位
1 鹿児島県 大島郡喜界町 中熊先内(42.9% / 約30人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

【永】姓の有名人