砂の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
砂

砂さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【砂】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

スナ 【砂】3 日本姓氏語源辞典

大阪府富山県高岡市

事物。砂から。富山県高岡市守山では土砂を扱っていたのではないかと伝える。推定では明治新姓静岡県静岡市葵区大間に江戸時代にあった。同地では長野県伊那市の高遠町から来住したと伝える。

岩手県九戸郡洋野町阿子木の小字の砂から発祥。同地付近では扱っていた砂鉄による明治新姓ではないかとの伝あり。

事物島根県松江市竪町にある浄土真宗の正源寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の砂松山から「砂」を使用。

2019年 8月 17日 更新

イサゴ 【砂】3 日本姓氏語源辞典

スナ参照。

2017年 10月 15日 更新

もしかして

イサコ 【井硲】3 , イサコ 【井迫】3 , イサコ 【居迫】3 , イサコ 【井佐子】2 , イサコ 【伊迫】2 , イサゴ 【砂金】5 , イサゴ 【沙】3 , イサゴ 【井砂】3 , イサゴ 【砂後】3 , イザコ 【井迫】3 , イザコ 【居迫】3 , スナ 【沙】3 , スナ 【須那】3 , スナ 【須名】2

「砂」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【砂】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 大阪府(約80人)
2 富山県(約40人)
3 広島県(約20人)
3 兵庫県(約20人)
5 静岡県(約20人)
5 福岡県(約20人)
5 岩手県(約20人)
5 奈良県(約20人)
5 埼玉県(約20人)
10 福井県(約10人)
人口約300人
順位15,659 位
市区町村順位
1 富山県 高岡市(約40人)
2 大阪府 枚方市(約20人)
3 岩手県 九戸郡洋野町(約10人)
3 静岡県 静岡市(約10人)
3 埼玉県 南埼玉郡宮代町(約10人)
3 北海道 小樽市(約10人)
3 兵庫県 西宮市(約10人)
8 福岡県 久留米市(約10人)
8 福井県 福井市(約10人)
8 岡山県 津山市(約10人)
小地域順位
1 富山県 高岡市 守山(約20人)
2 広島県 山県郡北広島町 寺原(約10人)
2 兵庫県 尼崎市 東難波町(約10人)
2 兵庫県 西宮市 樋ノ口町(約10人)
2 大阪府 枚方市 北中振(約10人)
2 埼玉県 南埼玉郡宮代町 川端(約10人)
2 岩手県 九戸郡洋野町 阿子木第7地割(約10人)

顕著に見られる市区町村

岩手県 九戸郡洋野町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.00028% 1 富山県(0.00342%)
2 福井県(0.00143%)
3 奈良県(0.00119%)
4 岩手県(0.00114%)
5 大阪府(0.00104%)
6 島根県(0.000926%)
7 広島県(0.000721%)
8 石川県(0.000683%)
9 宮崎県(0.000679%)
10 鳥取県(0.000606%)
市区町村順位
1 岩手県 九戸郡洋野町(0.0512%)
2 埼玉県 南埼玉郡宮代町(0.0395%)
3 広島県 山県郡北広島町(0.0296%)
4 福井県 吉田郡永平寺町(0.0201%)
5 岩手県 紫波郡矢巾町(0.019%)
6 富山県 高岡市(0.0184%)
7 青森県 三戸郡南部町(0.0162%)
8 香川県 小豆郡小豆島町(0.0155%)
9 大阪府 大阪市西成区(0.0101%)
10 鳥取県 境港市(0.00942%)
小地域順位
1 富山県 高岡市 守山(4.46% / 約20人)

関連項目

スナ 【沙】3は異形。

スナ 【須那】3, スナ 【須名】2姓あり。

イサゴ【砂】3から参照。