藤次の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

藤次

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【藤次】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

フジツグ 【藤次】3 日本姓氏語源辞典

兵庫県東京都藤原姓あり。兵庫県朝来市田路に分布あり。東京都八王子市元横山町付近を平安時代・鎌倉時代に拠点とした武蔵七党の横山党の横山氏が称したと伝える。横山氏は小野氏の後裔との伝あり。藤原フジワラ参照。小野オノ参照。横山ヨコヤマ参照。

トウジ 【藤次】3 日本姓氏語源辞典

藤次フジツグ参照。

もしかして

トウシ 【東使】3 , トウシ 【藤士】3 , トウシ 【東市】2 , トウシ 【東枝】2 , トウシ 【簏】1 , トウシ 【籭】1 , トウジ 【田路】5 , トウジ 【通事】3 , トウジ 【東司】3 , トウジ 【唐司】3 , トウジ 【冬至】3 , トウジ 【当時】2 , トウジ 【藤司】2 , トウジ 【杜氏】2 , トウジ 【牡司】2 , トウジ 【當時】1 , ドウシ 【道志】3 , ドウジ 【道地】3 , ドウジ 【堂路】3 , ドウジ 【道司】2 , ドウジ 【道次】2 , ドウジ 【童子】2 , ドウジ 【導寺】1 , フジツク 【藤附】3 , フジツグ 【藤続】2 , フジツグ 【藤嗣】2 , フジツグ 【藤續】1

「藤次」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【藤次】姓の分布

顕著に見られる市区町村

兵庫県 朝来市

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 兵庫県(約90人)
2 東京都(約80人)
3 奈良県(約30人)
3 北海道(約30人)
5 埼玉県(約30人)
6 静岡県(約10人)
6 神奈川県(約10人)
8 福井県(約10人)
9 群馬県(ごく少数)
9 山梨県(ごく少数)
人口約300人
順位16,564 位
市区町村順位
1 兵庫県 朝来市(約50人)
2 東京都 足立区(約40人)
3 兵庫県 姫路市(約30人)
4 奈良県 奈良市(約20人)
5 福井県 越前市(約10人)
5 東京都 葛飾区(約10人)
5 東京都 羽村市(約10人)
5 東京都 北区(約10人)
5 埼玉県 川口市(約10人)
5 埼玉県 上尾市(約10人)
小地域順位
1 兵庫県 朝来市 田路(約30人)
2 東京都 足立区 栗原(約30人)
3 兵庫県 朝来市 新井(約10人)
4 兵庫県 姫路市 飾磨区高町(約10人)
4 東京都 羽村市 緑ケ丘(約10人)
4 福井県 越前市 四郎丸町(約10人)
4 奈良県 天理市 櫟本町(約10人)
4 埼玉県 上尾市 南(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000255% 1 奈良県(0.00238%)
2 兵庫県(0.00164%)
3 福井県(0.000956%)
4 東京都(0.000896%)
5 北海道(0.000559%)
6 埼玉県(0.000441%)
7 山梨県(0.000422%)
8 静岡県(0.000333%)
9 群馬県(0.000203%)
10 神奈川県(0.000184%)
市区町村順位
1 兵庫県 朝来市(0.106%)
2 北海道 常呂郡佐呂間町(0.0472%)
3 東京都 羽村市(0.019%)
4 奈良県 天理市(0.0141%)
5 福井県 越前市(0.00922%)
6 東京都 足立区(0.00826%)
7 静岡県 裾野市(0.00817%)
8 奈良県 生駒市(0.00805%)
9 千葉県 山武市(0.00753%)
10 静岡県 湖西市(0.00715%)
小地域順位
1 兵庫県 朝来市 田路(12.1% / 約30人)
2 東京都 足立区 栗原(0.337% / 約30人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図