能多の由来、語源、分布

Google Play で手に入れよう 日本姓氏語源辞典

能多

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【能多】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノダ 【能多】3 日本姓氏語源辞典

兵庫県大阪府千葉県合略。能勢と多田の合成。大阪府豊能郡能勢町下田尻では能勢氏の家臣で平安時代の武将である多田満仲の後裔と伝える。同地では戦国時代には京都府京都市の油小路通に居住していたとの伝もあり。能勢ノセ参照。多田タダ参照。

2017年 10月 15日 更新

ノウダ 【能多】3 日本姓氏語源辞典

能多ノダ参照。

2019年 5月 20日 更新

関連項目

ノダ 【納多】3, ノダ 【能弾】3姓あり。

もしかして

ノウダ 【能田】4 , ノウダ 【納田】4 , ノウダ 【苗田】3 , ノウダ 【納多】3 , ノウダ 【農田】2 , ノウダ 【濃田】2 , ノダ 【野田】6 , ノダ 【能田】4 , ノダ 【納田】4 , ノダ 【埜田】4 , ノダ 【苗田】3 , ノダ 【乃田】3 , ノダ 【納多】3 , ノダ 【能弾】3

「能多」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【能多】姓の分布

顕著に見られる市区町村

大阪府 豊能郡能勢町

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 兵庫県(約30人)
2 大阪府(約10人)
3 千葉県(約10人)
4 香川県(ごく少数)
4 静岡県(ごく少数)
4 富山県(ごく少数)
人口約60人
順位39,718 位
市区町村順位
1 大阪府 豊能郡能勢町(約10人)
1 兵庫県 尼崎市(約10人)
3 香川県 綾歌郡宇多津町(ごく少数)
3 静岡県 賀茂郡東伊豆町(ごく少数)
3 富山県 砺波市(ごく少数)
3 千葉県 船橋市(ごく少数)
3 大阪府 羽曳野市(ごく少数)
3 千葉県 八千代市(ごく少数)
3 兵庫県 三田市(ごく少数)
3 兵庫県 三木市(ごく少数)
小地域順位
1 大阪府 豊能郡能勢町 下田尻(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 兵庫県(0.000493%)
2 香川県(0.000382%)
3 富山県(0.000342%)
4 千葉県(0.000176%)
5 大阪府(0.000173%)
6 静岡県(0.000111%)
市区町村順位
1 大阪府 豊能郡能勢町(0.0637%)
2 香川県 綾歌郡宇多津町(0.031%)
3 静岡県 賀茂郡東伊豆町(0.0225%)
4 富山県 砺波市(0.00824%)
5 兵庫県 三田市(0.00505%)
6 兵庫県 三木市(0.00486%)
7 大阪府 羽曳野市(0.00392%)
8 千葉県 八千代市(0.00309%)
9 兵庫県 宝塚市(0.00224%)
10 兵庫県 尼崎市(0.00215%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図