甲原の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

甲原

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【甲原】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

コウハラ 【甲原】4 日本姓氏語源辞典

大分県埼玉県福岡県

高知県土佐市甲原(カンバラ)発祥。安土桃山時代から記録のある地名。高知県を平安時代・鎌倉時代・室町時代に根拠地とした長宗我部氏の家臣にあった。善隣埼玉県深谷市岡が本拠。

地形。東北東の原から。大阪府では十二支の甲(キノエ)からと伝える。発音はキネハラ。

カンバラ 【甲原】4 日本姓氏語源辞典

甲原コウハラ参照。

キネハラ 【甲原】4 日本姓氏語源辞典

甲原コウハラ参照。

もしかして

カンバラ 【菅原】6 , カンバラ 【上原】6 , カンバラ 【神原】5 , カンバラ 【蒲原】5 , カンバラ 【鎌原】3 , カンバラ 【寒原】3 , カンバラ 【勘原】3 , カンバラ 【乾原】2 , カンバラ 【鑑原】2 , カンバラ 【監原】2 , カンバラ 【完原】1 , カンバラ 【咸原】1 , キネハラ 【木根原】2 , コウハラ 【河原】6 , コウハラ 【高原】6 , コウハラ 【香原】3 , コウハラ 【公原】3 , コウハラ 【鴻原】3 , コウハラ 【黄原】3 , コウハラ 【幸原】3 , コウハラ 【孝原】2 , コウハラ 【洪原】2 , コウハラ 【孔原】1 , コウバラ 【神原】5 , ゴウハラ 【郷原】5 , ゴウハラ 【合原】5

「甲原」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【甲原】姓の分布

顕著に見られる市区町村

群馬県 邑楽郡明和町 , 大分県 豊後高田市 , 大分県 国東市

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 大分県(約120人)
2 埼玉県(約100人)
3 福岡県(約70人)
4 高知県(約40人)
5 東京都(約40人)
6 神奈川県(約30人)
6 愛知県(約30人)
8 千葉県(約30人)
9 大阪府(約20人)
10 山形県(約10人)
人口約600人
順位11,734 位
市区町村順位
1 埼玉県 深谷市(約60人)
1 大分県 国東市(約60人)
3 高知県 高知市(約30人)
4 大分県 豊後高田市(約20人)
5 大分県 大分市(約20人)
6 福岡県 久留米市(約10人)
6 福岡県 北九州市小倉北区(約10人)
6 福岡県 北九州市小倉南区(約10人)
6 埼玉県 上尾市(約10人)
6 愛知県 安城市(約10人)
小地域順位
1 埼玉県 深谷市 岡(約50人)
2 大分県 国東市 吉広(約40人)
3 高知県 高知市 瀬戸南町(約10人)
3 大分県 豊後高田市 佐野新粥奥畑(約10人)
3 高知県 高知市 仁井田(約10人)
6 大分県 国東市 馬場(約10人)
6 神奈川県 横浜市泉区 和泉町(約10人)
6 愛知県 尾張旭市 大塚町(約10人)
6 高知県 安芸市 井ノ口乙(約10人)
6 埼玉県 上尾市 上町(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.00045% 1 大分県(0.00901%)
2 高知県(0.00431%)
3 埼玉県(0.00169%)
4 福岡県(0.00158%)
5 山形県(0.000933%)
6 千葉県(0.000529%)
7 愛知県(0.000471%)
8 東京都(0.000448%)
9 神奈川県(0.000429%)
10 宮城県(0.000417%)
市区町村順位
1 大分県 国東市(0.127%)
2 群馬県 邑楽郡明和町(0.0667%)
3 大分県 豊後高田市(0.0584%)
4 埼玉県 深谷市(0.0425%)
5 高知県 安芸市(0.0294%)
6 山口県 熊毛郡平生町(0.024%)
7 福岡県 遠賀郡遠賀町(0.0218%)
8 茨城県 北相馬郡利根町(0.0208%)
9 山形県 東置賜郡川西町(0.02%)
10 山形県 東置賜郡高畠町(0.0154%)
小地域順位
1 大分県 国東市 吉広(6.49% / 約40人)
2 埼玉県 深谷市 岡(0.865% / 約50人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図