樟の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
樟

樟さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【樟】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

クヌギ 【樟】3 日本姓氏語源辞典

石川県北海道兵庫県事物。樟から。石川県ではタビノキが古い発音。石川県珠洲市では家の近くにあったタブノキからと伝える。推定では江戸時代。大阪府では岐阜県の出で深尾姓の医師の家に戦国時代頃にあった大きな樟からと伝える。発音はクノギ。深尾フカオ参照。福井県丹生郡越前町大樟(オコノギ)は南北朝時代から記録のある地名。

2019年 8月 16日 更新

クス 【樟】3 日本姓氏語源辞典

クヌギ参照。

2017年 10月 15日 更新

クノギ 【樟】3 日本姓氏語源辞典

クヌギ参照。

2017年 10月 15日 更新

タビノキ 【樟】3 日本姓氏語源辞典

クヌギ参照。

2017年 10月 15日 更新

タブノキ 【樟】3 日本姓氏語源辞典

クヌギ参照。

2017年 10月 15日 更新

もしかして

クス 【楠】6 , クス 【玖須】3 , クス 【久須】3 , クス 【久寿】3 , クス 【久壽】2 , クズ 【葛】4 , クズ 【九頭】2 , クヌキ 【九貫】3 , クヌギ 【功刀】5 , クヌギ 【椚】4 , クヌギ 【功力】3 , クヌギ 【久貫】2 , クヌギ 【桾】1 , クヌギ 【檞】1 , クノキ 【久野木】3 , クノキ 【久能木】3 , クノキ 【柊木】3 , クノキ 【柊ノ木】2 , クノギ 【久木】5 , クノギ 【九野木】2 , クノギ 【桾木】2 , タビノキ 【樟木】2 , タブノキ 【椨木】3 , タブノキ 【天竺桂】3

「樟」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【樟】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 石川県(約40人)
2 長崎県(約30人)
2 兵庫県(約30人)
4 奈良県(約20人)
4 北海道(約20人)
6 大阪府(約10人)
7 京都府(約10人)
8 長野県(ごく少数)
8 福岡県(ごく少数)
8 福井県(ごく少数)
人口約200人
順位21,280 位
市区町村順位
1 兵庫県 明石市(約20人)
2 石川県 輪島市(約20人)
3 石川県 珠洲市(約10人)
3 奈良県 北葛城郡広陵町(約10人)
3 長崎県 諫早市(約10人)
6 島根県 江津市(ごく少数)
6 福岡県 太宰府市(ごく少数)
6 京都府 舞鶴市(ごく少数)
6 京都府 京都市中京区(ごく少数)
6 福井県 越前市(ごく少数)
小地域順位
1 石川県 輪島市 河井町(約20人)
2 石川県 珠洲市 野々江町(約10人)
2 奈良県 北葛城郡広陵町 的場(約10人)
4 兵庫県 明石市 林(約10人)

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000163% 1 石川県(0.00307%)
2 長崎県(0.0018%)
3 奈良県(0.00119%)
4 兵庫県(0.000575%)
5 福井県(0.000478%)
6 徳島県(0.000468%)
7 島根県(0.000463%)
8 和歌山県(0.000342%)
9 京都府(0.000333%)
10 北海道(0.000279%)
市区町村順位
1 北海道 岩内郡共和町(0.0438%)
2 石川県 珠洲市(0.0437%)
3 奈良県 北葛城郡広陵町(0.0435%)
4 石川県 輪島市(0.0353%)
5 石川県 鳳珠郡穴水町(0.0278%)
6 北海道 斜里郡斜里町(0.0244%)
7 長崎県 西彼杵郡時津町(0.0157%)
8 島根県 江津市(0.0105%)
9 長崎県 西彼杵郡長与町(0.0105%)
10 和歌山県 岩出市(0.0099%)
小地域順位

関連項目

クス【樟】3, クノギ【樟】3, タビノキ【樟】3, タブノキ【樟】3から参照。

同姓同名ランキング

1 樟 忠徳 (3)