古永の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

古永

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【古永】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

フルナガ 【古永】4 日本姓氏語源辞典

石川県山口県広島県。推定では古い永く続く場所から。山口県下関市豊浦町大字黒井に江戸時代にあった。

コナガ 【古永】4 日本姓氏語源辞典

古永フルナガ参照。

フルエ 【古永】4 日本姓氏語源辞典

古永フルナガ参照。

もしかして

コナガ 【古長】4 , コナガ 【小長】3 , コナガ 【小永】3 , フルエ 【古家】5 , フルエ 【古江】5 , フルエ 【古衛】2 , フルエ 【古恵】2 , フルナガ 【古長】4

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【古永】姓の分布

顕著に見られる市区町村

石川県 羽咋市 , 奈良県 吉野郡十津川村

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 石川県(約100人)
2 山口県(約90人)
3 広島県(約50人)
4 兵庫県(約30人)
5 大阪府(約30人)
5 北海道(約30人)
7 岐阜県(約30人)
8 東京都(約20人)
9 福岡県(約10人)
9 愛知県(約10人)
人口約500人
順位12,705 位
市区町村順位
1 山口県 下関市(約70人)
2 石川県 羽咋市(約50人)
3 石川県 金沢市(約30人)
3 岐阜県 高山市(約30人)
5 広島県 三次市(約20人)
6 東京都 世田谷区(約10人)
6 山口県 宇部市(約10人)
6 香川県 東かがわ市(約10人)
6 山口県 美祢市(約10人)
6 宮城県 塩竈市(約10人)
小地域順位
1 石川県 羽咋市 鹿島路町(約50人)
2 岐阜県 高山市 万石(約10人)
3 宮城県 塩竈市 清水沢(約10人)
3 香川県 東かがわ市 引田(約10人)
3 山口県 下関市 黒井原(約10人)
3 山口県 下関市 羽山町(約10人)
3 広島県 三次市 三良坂(約10人)
3 広島県 三次市 十日市西(約10人)
3 山口県 下関市 宇賀本郷(約10人)
10 奈良県 生駒市 西旭ケ丘(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000397% 1 石川県(0.00751%)
2 山口県(0.00502%)
3 広島県(0.00173%)
4 岐阜県(0.00113%)
5 奈良県(0.000891%)
6 香川県(0.000764%)
7 兵庫県(0.000657%)
8 大分県(0.000644%)
9 北海道(0.000489%)
10 島根県(0.000463%)
市区町村順位
1 石川県 羽咋市(0.161%)
2 奈良県 吉野郡十津川村(0.0542%)
3 島根県 鹿足郡吉賀町(0.0382%)
4 北海道 足寄郡足寄町(0.0314%)
5 北海道 枝幸郡枝幸町(0.0293%)
6 広島県 三次市(0.0289%)
7 岐阜県 高山市(0.0221%)
8 山口県 美祢市(0.0212%)
9 山口県 下関市(0.0203%)
10 奈良県 北葛城郡王寺町(0.0179%)
小地域順位
1 石川県 羽咋市 鹿島路町(4.93% / 約50人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図