佐の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
書籍 日本姓氏語源辞典 第三版 発売中! ご購入はこちらから
佐

佐(たすく / すけ / さ)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【佐】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

タスク 【佐】3 日本姓氏語源辞典

鹿児島県

創賜。佐の字義は「たすける」。鹿児島県の奄美群島の一字姓。鹿児島県大島郡喜界町湾に分布あり。広島県広島市安佐南区伴東ではスケ。

シナ(中国)系東京都文京区で2020年2月12日に帰化の記録あり。日本音はサ、シナ音はズオ。

コリア(朝鮮・韓国)系創賜。左に人偏を追加。神奈川県横浜市瀬谷区で1975年12月2日に帰化の記録あり。本姓は左。ヒダリ参照。

2021年 8月 3日 更新

サ 【佐】3 日本姓氏語源辞典

タスク参照。

2021年 1月 4日 更新

スケ 【佐】3 日本姓氏語源辞典

タスク参照。

2021年 1月 5日 更新

もしかして

サ 【左】3 , サ 【沙】3 , サ 【査】1 , サ 【莎】1 , スケ 【寿系】2 , スゲ 【菅】6 , スゲ 【管】5

「佐」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【佐】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 鹿児島県(約20人)
2 北海道(約10人)
3 福島県(ごく少数)
3 東京都(ごく少数)
3 新潟県(ごく少数)
3 広島県(ごく少数)
人口約50人
順位42,658 位
市区町村順位
1 鹿児島県 大島郡喜界町(約10人)
2 鹿児島県 奄美市(約10人)
3 福島県 福島市(ごく少数)
3 東京都 杉並区(ごく少数)
3 新潟県 長岡市(ごく少数)
3 北海道 上川郡清水町(ごく少数)
3 北海道 河東郡音更町(ごく少数)
3 北海道 河東郡士幌町(ごく少数)
3 広島県 広島市安佐南区(ごく少数)
小地域順位
1 鹿児島県 大島郡喜界町 湾(約10人)

顕著に見られる市区町村

鹿児島県 大島郡喜界町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 鹿児島県(0.00102%)
2 北海道(0.000209%)
3 福島県(0.000201%)
4 新潟県(0.000161%)
5 広島県(0.000144%)
6 東京都(ごく僅か)
市区町村順位
1 鹿児島県 大島郡喜界町(0.0919%)
2 北海道 河東郡士幌町(0.0497%)
3 北海道 上川郡清水町(0.0288%)
4 鹿児島県 奄美市(0.0139%)
5 北海道 河東郡音更町(0.00918%)
6 広島県 広島市安佐南区(0.00253%)
7 福島県 福島市(0.00153%)
8 新潟県 長岡市(0.00141%)
9 東京都 杉並区(0.00133%)
小地域順位

関連項目

サ【佐】3, サカ【佐加】2, サタケ【佐武】4, サヒラ【佐平】3, サフミ【佐文】2, スケ【佐】3, フカサ【深佐】2, フサ【富佐】2, ミサ【美佐】3から参照。