金竹の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

金竹

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【金竹】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

カネタケ 【金竹】3 日本姓氏語源辞典

鹿児島県岐阜県

事物。江戸時代にあった門割制度の金竹門から。門の位置の例。鹿児島県南さつま市金峰町宮崎。鹿児島県南さつま市加世田益山では金竹(キンチク)門。姓もキンチク。門名は竹から。金は推定では金属。

山梨県甲府市金竹町発祥。戦国時代から記録のある地名。地名は金竹氏の人名からとの伝もあり。

カナタケ 【金竹】3 日本姓氏語源辞典

金竹カネタケ参照。

キンタケ 【金竹】3 日本姓氏語源辞典

金竹カネタケ参照。

キンチク 【金竹】3 日本姓氏語源辞典

金竹カネタケ参照。

もしかして

カナタケ 【金武】4 , カナタケ 【金嶽】3 , カネタケ 【金武】4 , カネタケ 【兼武】4 , カネタケ 【金嶽】3 , カネタケ 【兼竹】3 , カネタケ 【金岳】2

「金竹」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【金竹】姓の分布

顕著に見られる市区町村

岐阜県 加茂郡富加町 , 福井県 大飯郡高浜町

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 鹿児島県(約60人)
2 岐阜県(約50人)
3 北海道(約30人)
4 東京都(約20人)
4 大阪府(約20人)
6 愛知県(約10人)
6 埼玉県(約10人)
6 兵庫県(約10人)
9 福井県(約10人)
9 山梨県(約10人)
人口約300人
順位17,868 位
市区町村順位
1 岐阜県 加茂郡富加町(約30人)
1 鹿児島県 鹿児島市(約30人)
3 鹿児島県 南さつま市(約20人)
4 岐阜県 関市(約20人)
5 東京都 三鷹市(約10人)
5 福井県 大飯郡高浜町(約10人)
5 鹿児島県 日置市(約10人)
5 岐阜県 美濃加茂市(約10人)
5 北海道 札幌市西区(約10人)
10 福島県 相馬市(ごく少数)
小地域順位
1 岐阜県 加茂郡富加町 加治田(約30人)
2 鹿児島県 南さつま市 益山(約10人)
3 東京都 三鷹市 上連雀(約10人)
3 岐阜県 関市 鋳物師屋(約10人)
3 鹿児島県 鹿児島市 小野(約10人)
6 京都府 八幡市 男山弓岡(ごく少数)
6 福島県 相馬市 粟津粟津(ごく少数)
6 大阪府 和泉市 はつが野(ごく少数)
6 宮城県 仙台市若林区 南小泉(ごく少数)
6 北海道 札幌市東区 東苗穂九条(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000223% 1 鹿児島県(0.00285%)
2 岐阜県(0.00226%)
3 福井県(0.000956%)
4 山梨県(0.000844%)
5 北海道(0.000419%)
6 香川県(0.000382%)
7 兵庫県(0.000246%)
8 愛媛県(0.000246%)
9 山口県(0.000239%)
10 大阪府(0.00023%)
市区町村順位
1 岐阜県 加茂郡富加町(0.427%)
2 福井県 大飯郡高浜町(0.0588%)
3 鹿児島県 南さつま市(0.0333%)
4 福岡県 嘉穂郡桂川町(0.0271%)
5 北海道 白糠郡白糠町(0.0261%)
6 岐阜県 美濃加茂市(0.018%)
7 岐阜県 関市(0.0169%)
8 鹿児島県 日置市(0.0123%)
9 山梨県 都留市(0.0115%)
10 鹿児島県 枕崎市(0.0112%)
小地域順位
1 岐阜県 加茂郡富加町 加治田(2.16% / 約30人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

同姓同名ランキング

1 金竹 清治 (2)
1 金竹 正光 (2)
1 金竹 哲也 (2)