― 遊佐の由来、語源、分布 ―  人名力・別館

遊佐

【遊佐】姓の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユサ 【遊佐】5 日本姓氏語源辞典

宮城県福島県北海道

山形県飽海郡遊佐(ユザ)町発祥。平安時代から記録のある地名。

シナ系創賜。游を一部含む「遊」に「佐」を追加。広島県広島市で1974年9月21日に帰化の記録あり。本姓は游。ユウ参照。

ユウサ 【遊佐】5 日本姓氏語源辞典

遊佐ユサ参照。

関連項目

ユウサク 【遊作】3, ユザ 【遊座】3, ユザ 【遊坐】3は異形。

ユザ 【油座】3, ユザ 【湯座】3, ユザ 【湯坐】2, ユザ 【油坐】2姓あり。

もしかして

ユウサ 【勇左】1 , ユウザ 【遊座】3 , ユサ 【湯佐】4 , ユサ 【由佐】3 , ユサ 【油佐】1 , ユザ 【油座】3 , ユザ 【遊座】3 , ユザ 【湯座】3 , ユザ 【遊坐】3 , ユザ 【湯坐】2 , ユザ 【油坐】2

「遊佐」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【遊佐】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル5 1 宮城県(約3,200人)
2 福島県(約1,200人)
3 北海道(約1,200人)
4 神奈川県(約700人)
5 東京都(約700人)
6 埼玉県(約500人)
7 千葉県(約300人)
8 茨城県(約200人)
9 大阪府(約120人)
10 岩手県(約100人)
人口約9,000人
順位1,717 位
市区町村順位
1 宮城県 大崎市(約1,200人)
2 福島県 二本松市(約600人)
3 福島県 福島市(約300人)
4 宮城県 栗原市(約300人)
5 宮城県 仙台市青葉区(約200人)
6 宮城県 仙台市泉区(約200人)
7 宮城県 登米市(約200人)
8 宮城県 仙台市太白区(約140人)
8 宮城県 石巻市(約140人)
10 福島県 いわき市(約130人)
小地域順位
1 宮城県 大崎市 上鳴子(約110人)
2 宮城県 大崎市 星沼(約100人)
3 宮城県 大崎市 川端(約60人)
4 福島県 二本松市 郭内(約60人)
4 福島県 二本松市 大壇(約60人)
4 福島県 二本松市 油井長谷堂(約60人)
7 宮城県 大崎市 新屋敷(約50人)
8 宮城県 大崎市 湯元(約50人)
8 宮城県 大崎市 古戸前(約50人)
10 福島県 二本松市 成田町(約40人)
都道府県分布数図都道府県分布数図 市区町村分布数図市区町村分布数図 小地域分布数図小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.00736% 1 宮城県(0.153%)
2 福島県(0.0571%)
3 北海道(0.0185%)
4 神奈川県(0.0102%)
5 埼玉県(0.00881%)
6 東京都(0.00801%)
7 岩手県(0.00686%)
8 千葉県(0.00653%)
9 山形県(0.00529%)
10 茨城県(0.00527%)
市区町村順位
1 宮城県 大崎市(0.939%)
2 福島県 二本松市(0.853%)
3 宮城県 栗原市(0.318%)
4 北海道 紋別郡西興部村(0.251%)
5 宮城県 登米市(0.211%)
6 宮城県 遠田郡美里町(0.197%)
7 北海道 虻田郡洞爺湖町(0.171%)
8 北海道 石狩郡当別町(0.164%)
9 宮城県 仙台市泉区(0.157%)
10 北海道 雨竜郡妹背牛町(0.15%)
小地域順位
1 福島県 二本松市 原セ天ケ作(100% / 約30人)
2 福島県 二本松市 油井長谷堂(86.7% / 約60人)
3 福島県 福島市 笹谷西小楢(70% / 約30人)
4 宮城県 登米市 北方高見(64.3% / 約40人)
5 宮城県 大崎市 岩渕(63.6% / 約30人)
6 宮城県 大崎市 中屋敷(54.5% / 約30人)
7 福島県 福島市 笹谷向原(46.2% / 約30人)
8 福島県 二本松市 油井持東林(40% / 約30人)
9 宮城県 栗原市 柳目曽根八幡(38.5% / 約20人)
10 宮城県 大崎市 大口要害(33.3% / 約30人)
都道府県分布比率図都道府県分布比率図 市区町村分布比率図市区町村分布比率図 小地域分布比率図小地域分布比率図