賀藤の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

賀藤

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【賀藤】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

カトウ 【賀藤】3 日本姓氏語源辞典

広島県大分県広島県東広島市付近(旧:賀茂郡)から発祥。平安時代から記録のある地名。地名は「加茂」とも表記した。「賀茂郡の藤原氏」の意。広島県東広島市豊栄町乃美に安土桃山時代にあった。岐阜県恵那市岩村町に戦国時代にあった。秋田県秋田市千秋公園が藩庁の久保田藩士に江戸時代にあった。

加藤の異形。京都府綾部市安場町に江戸時代にあった。同地では加藤姓だったと伝える。

事物加藤の異形。福岡県では広島県東広島市付近(旧:賀茂郡)の出で戦功により加藤氏がほら貝から「貝」の字を賜って称したと伝える。時代不詳。

もしかして

カトウ 【加藤】7 , カトウ 【嘉藤】5 , カトウ 【加登】4 , カトウ 【河東】4 , カトウ 【下藤】4 , カトウ 【加東】3 , カトウ 【河藤】3 , カトウ 【加唐】3 , カトウ 【加統】3 , カトウ 【可藤】3 , カトウ 【花等】3 , カトウ 【香東】3 , カトウ 【香藤】3 , カトウ 【賀東】3 , カトウ 【華藤】2 , カトウ 【歌藤】2 , カトウ 【賀登】2 , カトウ 【加斗】2 , カトウ 【鹿頭】2 , カトウ 【河隝】2 , カトウ 【歌頭】2 , カトウ 【迦統】2 , カトウ 【何東】2 , カトウ 【加当】2 , カトウ 【加頭】2 , カトウ 【嘉東】2 , カトウ 【鹿藤】1 , カトウ 【加當】1 , カドウ 【加堂】3 , カドウ 【加道】3 , カドウ 【嘉堂】3 , カドウ 【荷堂】2

「賀藤」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【賀藤】姓の分布

顕著に見られる市区町村

京都府 久世郡久御山町 , 福島県 伊達郡国見町 , 大分県 玖珠郡玖珠町

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 広島県(約30人)
2 大分県(約20人)
3 兵庫県(約20人)
4 秋田県(約10人)
4 大阪府(約10人)
4 京都府(約10人)
7 香川県(約10人)
7 福島県(約10人)
7 新潟県(約10人)
7 富山県(約10人)
人口約200人
順位22,045 位
市区町村順位
1 広島県 東広島市(約20人)
2 大分県 玖珠郡玖珠町(約10人)
3 福島県 伊達郡国見町(約10人)
3 富山県 富山市(約10人)
3 新潟県 新潟市(約10人)
3 京都府 久世郡久御山町(約10人)
3 兵庫県 神戸市長田区(約10人)
8 広島県 三次市(ごく少数)
8 島根県 浜田市(ごく少数)
8 福岡県 北九州市若松区(ごく少数)
小地域順位
1 広島県 東広島市 乃美尾(約10人)
1 京都府 久世郡久御山町 藤和田村西(約10人)
1 大分県 玖珠郡玖珠町 四日市(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000152% 1 大分県(0.00161%)
2 広島県(0.00115%)
3 秋田県(0.000899%)
4 香川県(0.000764%)
5 富山県(0.000685%)
6 京都府(0.000499%)
7 島根県(0.000463%)
8 福島県(0.000402%)
9 兵庫県(0.000328%)
10 新潟県(0.000322%)
市区町村順位
1 福島県 伊達郡国見町(0.0743%)
2 大分県 玖珠郡玖珠町(0.0572%)
3 京都府 久世郡久御山町(0.053%)
4 秋田県 南秋田郡八郎潟町(0.0419%)
5 大分県 玖珠郡九重町(0.0295%)
6 広島県 東広島市(0.0125%)
7 秋田県 潟上市(0.00982%)
8 兵庫県 神戸市長田区(0.00821%)
9 広島県 三次市(0.00578%)
10 香川県 観音寺市(0.00553%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図