箕山の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

箕山

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【箕山】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミノヤマ 【箕山】3 日本姓氏語源辞典

大阪府新潟県

大阪府茨木市千提寺の小字の箕山から発祥。

②推定では箕と山から。美濃山姓あり。新潟県五泉市長橋に分布あり。

コリア系個人名。韓氏が箕子朝鮮の建国者である箕子(キジャ)の後裔と伝えることから「箕」を使用。大阪府大阪市生野区で1980年に通名にあった。本姓は韓。カン参照。

シナ系千葉県千葉市で1983年9月30日に帰化の記録あり。本姓は許。中華人民共和国河南省の箕山(ジシャン)に許由という隠者がいたとする伝説あり。キョ参照。

もしかして

ミノヤマ 【美濃山】3 , ミノヤマ 【蓑山】2

「箕山」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【箕山】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 大阪府(約90人)
2 新潟県(約40人)
3 神奈川県(約10人)
3 千葉県(約10人)
5 東京都(約10人)
5 埼玉県(約10人)
7 茨城県(ごく少数)
7 福島県(ごく少数)
7 福井県(ごく少数)
人口約200人
順位21,803 位
市区町村順位
1 大阪府 茨木市(約40人)
2 新潟県 五泉市(約20人)
2 新潟県 新潟市(約20人)
4 大阪府 八尾市(約10人)
4 大阪府 大阪市生野区(約10人)
6 神奈川県 横浜市神奈川区(約10人)
6 大阪府 大阪市東住吉区(約10人)
6 大阪府 大阪市阿倍野区(約10人)
9 福島県 東白川郡棚倉町(ごく少数)
9 東京都 世田谷区(ごく少数)
小地域順位
1 大阪府 茨木市 千提寺(約20人)
2 大阪府 茨木市 大手町(約20人)
3 大阪府 大阪市生野区 巽北(約10人)
4 大阪府 大阪市阿倍野区 阪南町(約10人)
4 大阪府 大阪市東住吉区 北田辺(約10人)
4 神奈川県 横浜市神奈川区 白幡上町(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000156% 1 新潟県(0.00161%)
2 大阪府(0.00121%)
3 福井県(0.000478%)
4 千葉県(0.000265%)
5 福島県(0.000201%)
6 神奈川県(0.000184%)
7 埼玉県(0.000147%)
8 茨城県(0.000142%)
9 東京都(ごく僅か)
市区町村順位
1 新潟県 五泉市(0.0343%)
2 福島県 東白川郡棚倉町(0.0252%)
3 大阪府 茨木市(0.02%)
4 茨城県 那珂郡東海村(0.0116%)
5 大阪府 大阪市阿倍野区(0.0106%)
6 大阪府 大阪市生野区(0.0105%)
7 千葉県 鴨川市(0.00947%)
8 大阪府 大阪市東住吉区(0.00753%)
9 千葉県 千葉市緑区(0.00578%)
10 福井県 敦賀市(0.00563%)
小地域順位
1 大阪府 茨木市 千提寺(15.6% / 約20人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図