種部の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
書籍 日本姓氏語源辞典 第三版 発売中! ご購入はこちらから
種部

種部(たねべ / たなべ)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【種部】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

タネベ 【種部】3 日本姓氏語源辞典

富山県新潟県鳥取県地形。種の付近から。富山県南砺市下吉江では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。山形県米沢市丸の内が藩庁の米沢藩士に江戸時代にあった。鳥取県倉吉市巌城が本拠。

2018年 6月 11日 更新

タナベ 【種部】3 日本姓氏語源辞典

種部タネベ参照。

2017年 10月 15日 更新

もしかして

タナベ 【田辺】6 , タナベ 【田部】5 , タナベ 【田邊】5 , タナベ 【田名部】5 , タナベ 【田鍋】5 , タナベ 【田邉】5 , タナベ 【田名辺】4 , タナベ 【棚辺】3 , タナベ 【棚部】3 , タナベ 【田那辺】3 , タナベ 【田那部】3 , タナベ 【七部】3 , タナベ 【田南部】3 , タナベ 【多鍋】3 , タナベ 【多名部】2 , タナベ 【棚邊】2 , タナベ 【田名邊】2 , タナベ 【棚邉】2 , タナベ 【店部】2 , タナベ 【多奈部】2 , タナベ 【田名邉】1 , タナベ 【田那邉】1

「種部」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【種部】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 富山県(約70人)
2 新潟県(約60人)
3 鳥取県(約50人)
4 山形県(約40人)
5 東京都(約30人)
5 千葉県(約30人)
7 北海道(約30人)
8 群馬県(約20人)
8 神奈川県(約20人)
8 埼玉県(約20人)
人口約400人
順位13,867 位
市区町村順位
1 富山県 南砺市(約60人)
2 鳥取県 倉吉市(約50人)
3 新潟県 見附市(約40人)
4 山形県 米沢市(約30人)
5 群馬県 前橋市(約10人)
6 富山県 富山市(約10人)
6 熊本県 熊本市(約10人)
6 東京都 足立区(約10人)
6 東京都 江戸川区(約10人)
6 埼玉県 さいたま市見沼区(約10人)
小地域順位
1 富山県 南砺市 下吉江(約40人)
2 鳥取県 倉吉市 巌城(約30人)
3 新潟県 見附市 坂井町(約20人)
4 群馬県 前橋市 広瀬町(約10人)
4 富山県 南砺市 松原新(約10人)
4 熊本県 熊本市 今吉野(約10人)

顕著に見られる市区町村

富山県 南砺市 , 新潟県 見附市 , 鳥取県 倉吉市 , 北海道 勇払郡厚真町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000344% 1 鳥取県(0.00727%)
2 富山県(0.00548%)
3 山形県(0.0028%)
4 新潟県(0.00209%)
5 群馬県(0.00101%)
6 石川県(0.000683%)
7 千葉県(0.000617%)
8 福井県(0.000478%)
9 熊本県(0.000456%)
10 北海道(0.000419%)
市区町村順位
1 新潟県 見附市(0.0821%)
2 鳥取県 倉吉市(0.0802%)
3 富山県 南砺市(0.0783%)
4 北海道 勇払郡厚真町(0.0612%)
5 山形県 米沢市(0.031%)
6 石川県 河北郡津幡町(0.0122%)
7 福井県 小浜市(0.0104%)
8 静岡県 伊豆の国市(0.00788%)
9 埼玉県 さいたま市見沼区(0.00711%)
10 栃木県 真岡市(0.00577%)
小地域順位
1 富山県 南砺市 下吉江(13.6% / 約40人)
2 鳥取県 倉吉市 巌城(3.35% / 約30人)

関連項目

タナベ【種部】3から参照。

【種部】姓の有名人