秦谷の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

秦谷

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【秦谷】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハタヤ 【秦谷】2 日本姓氏語源辞典

兵庫県養父市京都府合略。秦と谷の合成。京都府京都市に江戸時代にいた秦氏が兵庫県北部(旧:但馬国)で強盗にあった際に助けたくノ一の谷氏と結婚して合わせたと伝える。ハタ参照。タニ参照。

もしかして

ハタヤ 【畑谷】4 , ハタヤ 【幡谷】4 , ハタヤ 【端谷】3 , ハタヤ 【旗谷】3 , ハタヤ 【畠谷】3 , ハタヤ 【籏谷】3 , ハタヤ 【畑屋】3 , ハタヤ 【畑矢】3 , ハタヤ 【旗屋】2 , ハタヤ 【畠舎】2 , ハタヤ 【畠屋】2 , ハタヤ 【羽田谷】2 , ハタヤ 【機谷】2 , ハタヤ 【幡矢】2 , ハタヤ 【畑家】2 , ハタヤ 【幡屋】2 , ハタヤ 【籏屋】2

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【秦谷】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル2 1 兵庫県(約20人)
2 京都府(約10人)
人口約30人
順位ランク外
市区町村順位
1 兵庫県 養父市(約10人)
2 京都府 長岡京市(ごく少数)
2 京都府 宇治市(ごく少数)
2 京都府 京都市南区(ごく少数)
2 兵庫県 神戸市西区(ごく少数)
2 兵庫県 姫路市(ごく少数)
小地域順位
1 兵庫県 養父市 八木(約10人)
2 京都府 長岡京市 長法寺北畠(ごく少数)
2 兵庫県 神戸市西区 学園東町(ごく少数)
2 兵庫県 姫路市 大寿台(ごく少数)
2 京都府 京都市南区 東九条北烏丸町(ごく少数)
2 京都府 宇治市 大久保町旦椋(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 京都府(0.000499%)
2 兵庫県(0.00041%)
市区町村順位
1 兵庫県 養父市(0.036%)
2 京都府 長岡京市(0.00567%)
3 京都府 京都市南区(0.00474%)
4 兵庫県 神戸市西区(0.00242%)
5 京都府 宇治市(0.00235%)
6 兵庫県 姫路市(0.000799%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図