楠部の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
楠部

楠部さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【楠部】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

クスベ 【楠部】4 日本姓氏語源辞典

和歌山県広島県。ナンブも含む分布。

和歌山県有田郡有田川町吉原の小字の楠部から発祥。同地付近では奈良県から1716年から1736年(享保年間)以前に来住したと伝える。

三重県伊勢市楠部町発祥。鎌倉時代から記録のある地名。

事物広島県江田島市では屋敷にあった楠の木から「楠」を使用して本姓の部屋から「部」を使用した明治新姓。発音はナンブ。部屋ヘヤ参照。

合略。楠木の略。石川県金沢市で江戸時代に楠木氏の後裔が楠木氏の再興を願って称した事例があった。楠木クスノキ参照。

2019年 3月 18日 更新

ナンブ 【楠部】4 日本姓氏語源辞典

楠部クスベ参照。

2017年 10月 15日 更新

もしかして

クスベ 【楠辺】1 , ナンブ 【南部】5 , ナンブ 【南浮】2 , ナンブ 【難部】2

「楠部」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【楠部】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル4 1 和歌山県(約300人)
2 広島県(約130人)
3 大阪府(約100人)
4 兵庫県(約50人)
5 神奈川県(約40人)
6 京都府(約40人)
7 東京都(約30人)
8 埼玉県(約30人)
9 愛知県(約20人)
10 山口県(約10人)
人口約800人
順位9,421 位
市区町村順位
1 和歌山県 有田郡有田川町(約140人)
2 和歌山県 和歌山市(約70人)
3 広島県 江田島市(約60人)
4 和歌山県 紀の川市(約30人)
5 和歌山県 海南市(約20人)
6 大阪府 堺市(約20人)
6 広島県 広島市南区(約20人)
6 広島県 広島市中区(約20人)
9 山口県 下関市(約10人)
9 神奈川県 相模原市(約10人)
小地域順位
1 和歌山県 有田郡有田川町 吉原(約110人)
2 広島県 江田島市 深江(約30人)
3 広島県 江田島市 大原(約30人)
3 和歌山県 紀の川市 北(約30人)
5 和歌山県 和歌山市 宇須(約10人)
5 和歌山県 海南市 阪井(約10人)
7 広島県 広島市中区 千田町(約10人)
7 神奈川県 相模原市 千代田(約10人)
7 和歌山県 有田郡有田川町 奥(約10人)
7 京都府 京都市左京区 岡崎円勝寺町(約10人)

顕著に見られる市区町村

和歌山県 有田郡有田川町 , 広島県 江田島市

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000645% 1 和歌山県(0.0229%)
2 広島県(0.00447%)
3 京都府(0.0015%)
4 大阪府(0.00127%)
5 兵庫県(0.000985%)
6 山口県(0.000716%)
7 神奈川県(0.000613%)
8 埼玉県(0.000441%)
9 東京都(0.000398%)
10 長野県(0.000328%)
市区町村順位
1 和歌山県 有田郡有田川町(0.378%)
2 広島県 江田島市(0.119%)
3 和歌山県 有田郡広川町(0.0442%)
4 千葉県 野田市(0.0439%)
5 和歌山県 紀の川市(0.0408%)
6 和歌山県 岩出市(0.0297%)
7 和歌山県 海南市(0.0283%)
8 大阪府 阪南市(0.0236%)
9 広島県 広島市中区(0.0174%)
10 和歌山県 和歌山市(0.0155%)
小地域順位
1 和歌山県 有田郡有田川町 吉原(6.87% / 約110人)
2 和歌山県 紀の川市 北(2.18% / 約30人)
3 広島県 江田島市 深江(1.83% / 約30人)
4 広島県 江田島市 大原(0.68% / 約30人)

関連項目

ナンブ【楠部】4から参照。

【楠部】姓の有名人