明本の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
明本

明本さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【明本】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

アケモト 【明本】3 日本姓氏語源辞典

山口県北海道神奈川県

①「明」を含む姓、地名あり。山口県玖珂郡和木町瀬田が起源地。

コリア(朝鮮・韓国)系創賜。明に「本」を追加。北海道札幌市東区で1980年に通名にあった。本姓は明。千葉県松戸市で1964年12月16日に帰化の記録あり。本姓は明。ミョウ参照。

事物群馬県太田市亀岡町では本明院(ホンミョウイン)の院号による明治新姓と伝える。本明院の位置不詳。

兵庫県神戸市北区淡河町木津にある曹洞宗の永徳寺の僧侶による明治新姓

2017年 10月 15日 更新

アキモト 【明本】3 日本姓氏語源辞典

明本アケモト参照。

2017年 10月 15日 更新

もしかして

アキモト 【秋元】6 , アキモト 【秋本】5 , アキモト 【穐本】4 , アキモト 【穐元】4 , アキモト 【龝本】3 , アキモト 【飽本】3 , アキモト 【章本】2 , アキモト 【龝元】2 , アキモト 【昭元】2 , アキモト 【昭本】1 , アキモト 【秌元】1 , アケモト 【明元】3 , アケモト 【朱本】2 , アゲモト 【上本】5 , アゲモト 【揚本】2

「明本」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【明本】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 山口県(約100人)
2 北海道(約50人)
3 青森県(約30人)
4 神奈川県(約30人)
4 滋賀県(約30人)
6 徳島県(約30人)
7 東京都(約20人)
8 広島県(約20人)
8 大阪府(約20人)
10 京都府(約10人)
人口約400人
順位14,405 位
市区町村順位
1 山口県 岩国市(約30人)
2 山口県 玖珂郡和木町(約30人)
3 北海道 札幌市東区(約20人)
4 神奈川県 厚木市(約20人)
4 滋賀県 大津市(約20人)
4 青森県 弘前市(約20人)
4 山口県 柳井市(約20人)
8 徳島県 徳島市(約10人)
9 島根県 安来市(約10人)
9 山口県 下関市(約10人)
小地域順位
1 山口県 玖珂郡和木町 瀬田(約20人)
2 山口県 柳井市 神代(約10人)
2 北海道 札幌市東区 北二十一条東(約10人)
2 青森県 弘前市 植田町(約10人)
2 滋賀県 野洲市 比留田(約10人)
2 大阪府 大阪市此花区 伝法(約10人)
2 青森県 黒石市 乙徳兵衛町(約10人)
2 北海道 釧路市 芦野(約10人)
2 北海道 函館市 東山(約10人)

顕著に見られる市区町村

山口県 玖珂郡和木町 , 徳島県 勝浦郡上勝町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000323% 1 山口県(0.00525%)
2 徳島県(0.00281%)
3 滋賀県(0.00227%)
4 青森県(0.00209%)
5 島根県(0.000926%)
6 北海道(0.000768%)
7 広島県(0.000577%)
8 京都府(0.000499%)
9 福井県(0.000478%)
10 神奈川県(0.000429%)
市区町村順位
1 山口県 玖珂郡和木町(0.325%)
2 徳島県 勝浦郡上勝町(0.119%)
3 福井県 大飯郡おおい町(0.0366%)
4 山口県 柳井市(0.0341%)
5 青森県 黒石市(0.0197%)
6 滋賀県 野洲市(0.0185%)
7 山口県 岩国市(0.0185%)
8 広島県 安芸郡海田町(0.0158%)
9 大阪府 大阪市此花区(0.0156%)
10 島根県 安来市(0.015%)
小地域順位
1 山口県 玖珂郡和木町 瀬田(1.51% / 約20人)

関連項目

アキモト【明本】3から参照。

【明本】姓の有名人

同姓同名ランキング

1 明本 義錫 (3)