人名力・別館

 ― 名字の由来、語源、分布 ― 

山田

【山田】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル7 1 愛知県(約82,000人)
2 東京都(約54,000人)
3 神奈川県(約48,100人)
4 大阪府(約48,000人)
5 北海道(約45,000人)
人口約800,200人
順位12 位
市区町村順位
1 新潟県 新潟市(約10,100人)
2 静岡県 静岡市(約7,000人)
3 岐阜県 岐阜市(約6,900人)
4 静岡県 浜松市(約5,900人)
5 大阪府 堺市(約4,600人)
小地域順位
1 静岡県 賀茂郡東伊豆町 稲取(約500人)
2 静岡県 沼津市 戸田(約500人)
3 滋賀県 大津市 坂本(約500人)
4 岐阜県 関市 下有知(約500人)
5 三重県 鈴鹿市 西庄内町(約400人)
都道府県分布数図 市区町村分布数図 小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.652% 1 岐阜県(1.47%)
2 愛知県(1.27%)
3 福井県(1.17%)
4 新潟県(1.03%)
5 静岡県(1.01%)
市区町村順位
1 長野県 下水内郡栄村(10.2%)
2 神奈川県 愛甲郡清川村(6.53%)
3 秋田県 北秋田郡上小阿仁村(6.01%)
4 滋賀県 犬上郡甲良町(5.57%)
5 愛知県 海部郡蟹江町(4.09%)
小地域順位
1 長野県 下水内郡栄村 堺上ノ原(100% / 約100人)
1 青森県 十和田市 洞内家ノ下(100% / 約40人)
1 青森県 八戸市 坂牛鶉窪(100% / 約30人)
1 青森県 三戸郡南部町 椛木外久保(100% / 約30人)
1 福島県 須賀川市 小倉前仲作(100% / 約30人)
都道府県分布比率図 市区町村分布比率図 小地域分布比率図

日本姓氏語源辞典

ヤマダ 【山田】7

愛知県東京都北海道

地形。山と田から。富山県砺波市鷹栖では明治新姓と伝える。沖縄県に琉球王国時代にあった。江戸時代にあった門割制度の山田門から。門の位置の例。鹿児島県出水市野田町上名、宮崎県小林市堤。善隣滋賀県大津市伊香立下龍華町での明治新姓善隣栃木県足利市山下町が本拠。

愛知県名古屋市北区山田発祥。戦国時代から記録のある地名。郡名としては730年(天平2年)の記録あり。

香川県高松市(旧:山田郡)発祥。709年(和銅2年)に記録のある地名。

三重県伊賀市広瀬(旧:山田荘)発祥。平安時代から室町時代に記録のある地名。

高知県香美市土佐山田町(旧:山田)発祥。平安時代から記録のある地名。

長野県佐久市常和の山田神社の付近(旧:山田)から発祥。鎌倉時代から記録のある地名。

宮城県気仙沼市本吉町尾田付近(旧:山田)から発祥。江戸時代から記録のある地名。岩手県陸前高田市での伝承。

栃木県栃木市大平町西山田発祥。室町時代から記録のある地名。

福岡県豊前市(旧:山田)発祥。平安時代から記録のある地名。

鹿児島県日置市日吉町山田発祥。鎌倉時代から記録のある地名。

栃木県矢板市山田発祥。江戸時代に「土屋山田」と呼称した地名。

大阪府豊能郡能勢町山田発祥。江戸時代から記録のある地名。

兵庫県神戸市北区の山田町から発祥。平安時代から記録のある地名。

三重県伊勢市岩渕付近(旧:山田)から発祥。平安時代から記録のある地名。地名の古音はヨウダ。宮城県白石市越河五賀、岩手県奥州市江刺区梁川で伝承あり。愛知県碧南市神有町では三重県中部(旧:伊勢国)の山田から1556年(弘治2年)に来住したと伝える。※山形県米沢市ではヨウダも含む分布。同源の可能性あり。同地では庵田(イオリダ)をヨウダと発音して当て字したとの伝あり。時代、位置不詳。

長野県伊那市高遠町上山田・下山田発祥。室町時代から記録のある地名。

長野県諏訪郡下諏訪町の東山田から発祥。鎌倉時代から記録のある地名。

長野県伊那市高遠町上山田・高遠町下山田発祥。室町時代から記録のある地名。同地に室町時代にあった。

熊本県球磨郡山江村山田発祥。鎌倉時代から記録のある地名。同地に分布あり。

岩手県下閉伊郡山田町発祥。南北朝時代から記録のある地名。

青森県八戸市南郷大字島守山田発祥。同地に分布あり。

群馬県吾妻郡中之条町山田発祥。戦国時代から記録のある地名。同地に分布あり。

埼玉県秩父市山田発祥。戦国時代から記録のある地名。

愛媛県西予市宇和町山田発祥。南北朝時代から記録のある地名。

長崎県雲仙市吾妻町布江名付近(旧:山田)から発祥。平安時代から記録のある地名。

鹿児島県鹿児島市山田町発祥。鎌倉時代から記録のある地名。

兵庫県淡路市木曽上の小字の山ノ田(ヤマノタ)から発祥。

コリア系合略。崔が含む「山」を使用。愛知県豊田市(旧:西加茂郡猿投町)で1958年3月3日に帰化の記録あり。本姓は崔。サイ参照。他姓もあり。※新羅系。大阪府西南部(旧:和泉国)に平安時代に山田造の姓氏があった。※周系大阪府交野市付近(旧:交野郡)、大阪府河内長野市付近(旧:錦部郡)の山田郷から発祥。位置不詳。

ヨウダ 【山田】7

山田ヤマダ参照。

関連項目

ヤマタ 【矢俣】2は異形。

アカヤマダ 【赤山田】1, オオヤマダ 【大山田】3, コヤマダ 【古山田】2, ニシヤマダ 【西山田】2, フヤダ 【普山田】2, ヤマダ 【山多】3, ヤマンダ 【矢満田】3姓あり。

もしかして

ヤマタ 【矢俣】2 , ヤマタ 【家股】2 , ヤマダ 【矢満田】3 , ヤマダ 【山多】3 , ヨウダ 【養田】4 , ヨウダ 【要田】4 , ヨウダ 【用田】3 , ヨウダ 【陽田】3 , ヨウダ 【漸田】2 , ヨウダ 【楊田】1