人名力・別館

 ― 名字の由来、語源、分布 ― 

山崎

【山崎】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル7 1 東京都(約37,400人)
2 埼玉県(約33,600人)
3 神奈川県(約29,900人)
4 北海道(約24,400人)
5 大阪府(約24,000人)
人口約474,000人
順位21 位
市区町村順位
1 高知県 高知市(約6,200人)
2 長崎県 長崎市(約4,600人)
3 新潟県 新潟市(約4,300人)
4 長野県 長野市(約4,000人)
5 富山県 富山市(約3,400人)
小地域順位
1 高知県 高知市 神田(約300人)
2 群馬県 吾妻郡嬬恋村 鎌原(約300人)
3 長崎県 長崎市 大崎町(約300人)
4 高知県 高知市 一宮(約300人)
5 福岡県 福岡市東区 箱崎(約300人)
都道府県分布数図 市区町村分布数図 小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.386% 1 高知県(1.61%)
2 長野県(0.75%)
3 富山県(0.739%)
4 長崎県(0.653%)
5 島根県(0.63%)
市区町村順位
1 埼玉県 秩父郡東秩父村(5.91%)
2 長野県 上高井郡高山村(5.54%)
3 長野県 下高井郡木島平村(3.97%)
4 岩手県 下閉伊郡山田町(3.87%)
5 神奈川県 足柄上郡山北町(3.37%)
小地域順位
1 福島県 いわき市 平荒田目古川(100% / 約30人)
2 島根県 出雲市 里方町別所(90.9% / 約40人)
3 愛知県 西尾市 平口町豆地(85.7% / 約30人)
3 京都府 木津川市 例幣畑ケ谷(85.7% / 約30人)
3 長野県 東筑摩郡筑北村 矢花山寺(85.7% / 約30人)
都道府県分布比率図 市区町村分布比率図 小地域分布比率図

日本姓氏語源辞典

ヤマザキ 【山崎】7

東京都埼玉県神奈川県

地形。山と突き出た土地から。江戸時代にあった門割制度の門から。門の位置の例。鹿児島県日置市東市来町養母、鹿児島県指宿市開聞十町入野、鹿児島県枕崎市別府、鹿児島県南さつま市金峰町新山、鹿児島県肝属郡錦江町田代川原。新潟県佐渡市岩首では水防のため石で山を築いたことで明治新姓時に川崎姓から山崎姓に改姓したと伝える。川崎カワサキ参照。善隣長野県佐久市岩村田大和町に分布あり。

京都府乙訓郡大山崎町(旧:山崎)発祥。奈良時代から記録のある地名。地名は「山埼」、「山碕」、「山前」とも表記した。

東京都町田市山崎町発祥。南北朝時代から記録のある地名。

神奈川県鎌倉市山崎発祥。室町時代から記録のある地名。

茨城県石岡市山崎発祥。平安時代に「山前」の表記で記録のある地名。

富山県下新川郡朝日町山崎発祥。戦国時代から記録のある地名。

福島県伊達郡国見町山崎発祥。戦国時代に「山さき」の表記で記録のある地名。宮城県白石市小原での伝承。

山梨県笛吹市石和町山崎(ヤマサキ)発祥。戦国時代から記録のある地名。長野県上田市国分での伝承。

千葉県野田市山崎発祥。江戸時代から記録のある地名。同地に分布あり。

高知県香美市物部町山崎発祥。戦国時代から記録のある地名。

鹿児島県薩摩郡さつま町山崎発祥。室町時代から記録のある地名。

新潟県南魚沼市山崎発祥。江戸時代から記録のある地名。同地に分布あり。

善隣大分県宇佐市長洲の小字の山崎から発祥。1622年(元和8年)に皮革業者の管理者の記録あり。

コリア系東京都千代田区で1953年8月20日に帰化の記録あり。本姓は孫。ソン参照。他姓もあり。※鳥取県鳥取市国府町山崎(ヤマサキ)発祥。戦国時代から記録のある地名。同地では江戸時代に山崎姓を称した後に薮田姓に改姓したと伝える。薮田ヤブタ参照。

関連項目

ヤマザキ 【山嵜】5, ヤマザキ 【山碕】3, ヤマザキ 【山埼】2, ヤマザキ 【山岬】2, ヤマザキ 【屋馬崎】1, ヤマザキ 【山竒】1は異形。

コヤマサキ 【小山崎】2, モトヤマサキ 【本山崎】2, ヤマキ 【山奇】3, ヤマサキ 【山咲】3, ヤマサキ 【山佐木】2姓あり。

もしかして

ヤマサキ 【山先】4 , ヤマサキ 【山前】3 , ヤマサキ 【山咲】3 , ヤマサキ 【山佐木】2 , ヤマザキ 【山嵜】5 , ヤマザキ 【山碕】3 , ヤマザキ 【山埼】2 , ヤマザキ 【山岬】2 , ヤマザキ 【屋馬崎】1 , ヤマザキ 【山竒】1