安満の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
安満

安満さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【安満】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

アマ 【安満】3 日本姓氏語源辞典

大阪府大阪府高槻市安満北の町発祥。南北朝時代に記録のある地名。同地に分布あり。

佐賀県佐賀市城内が藩庁の佐賀藩士に江戸時代にあった。

2020年 3月 18日 更新

もしかして

アマ 【阿万】4 , アマ 【阿萬】3 , アマ 【天】3 , アマ 【阿満】3 , アマ 【尼】3 , アマ 【海士】3 , アマ 【阿磨】2 , アマ 【阿間】2 , アマ 【阿真】1

「安満」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【安満】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 大阪府(約60人)
2 和歌山県(約20人)
3 奈良県(約10人)
4 鹿児島県(約10人)
4 京都府(約10人)
6 静岡県(ごく少数)
6 兵庫県(ごく少数)
人口約120人
順位28,439 位
市区町村順位
1 大阪府 松原市(約20人)
2 和歌山県 日高郡みなべ町(約20人)
3 奈良県 五條市(約10人)
3 鹿児島県 姶良市(約10人)
3 大阪府 高槻市(約10人)
3 大阪府 堺市(約10人)
7 京都府 福知山市(ごく少数)
7 京都府 京都市下京区(ごく少数)
7 静岡県 浜松市(ごく少数)
7 奈良県 吉野郡黒滝村(ごく少数)
小地域順位
1 和歌山県 日高郡みなべ町 埴田(約10人)
2 大阪府 高槻市 安満北の町(約10人)
2 大阪府 松原市 新堂(約10人)
2 大阪府 松原市 岡(約10人)

顕著に見られる市区町村

奈良県 吉野郡黒滝村 , 和歌山県 日高郡みなべ町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 和歌山県(0.00137%)
2 奈良県(0.000891%)
3 大阪府(0.000806%)
4 鹿児島県(0.000407%)
5 京都府(0.000333%)
6 静岡県(0.000111%)
7 兵庫県(ごく僅か)
市区町村順位
1 奈良県 吉野郡黒滝村(0.22%)
2 和歌山県 日高郡みなべ町(0.0996%)
3 奈良県 五條市(0.0189%)
4 大阪府 松原市(0.0173%)
5 鹿児島県 姶良市(0.0098%)
6 大阪府 泉南市(0.00727%)
7 京都府 京都市下京区(0.00582%)
8 大阪府 池田市(0.00467%)
9 京都府 福知山市(0.00447%)
10 兵庫県 高砂市(0.00433%)
小地域順位

関連項目

アマ 【阿間】2は異形。

アマ 【阿磨】2, アマ 【阿真】1姓あり。

【安満】姓の有名人