堤林の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

堤林

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【堤林】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツツミバヤシ 【堤林】2 日本姓氏語源辞典

神奈川県合略。堤と林の合成。滋賀県から江戸時代に山形県新庄市に来住した堤氏が林氏を婿養子としたことからと伝える。山形県新庄市堀端町が藩庁の出羽新庄藩士に江戸時代にあった。ツツミ参照。ハヤシ参照。

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【堤林】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル2 1 神奈川県(約10人)
2 埼玉県(ごく少数)
人口約10人
順位ランク外
市区町村順位
1 神奈川県 川崎市麻生区(ごく少数)
1 神奈川県 横浜市青葉区(ごく少数)
1 埼玉県 川越市(ごく少数)
小地域順位
1 神奈川県 川崎市麻生区 王禅寺東(ごく少数)
1 埼玉県 川越市 新宿(ごく少数)
1 神奈川県 横浜市青葉区 松風台(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 神奈川県(0.000123%)
2 埼玉県(ごく僅か)
市区町村順位
1 神奈川県 川崎市麻生区(0.004%)
2 神奈川県 横浜市青葉区(0.00236%)
3 埼玉県 川越市(0.00155%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図