乙の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
書籍 日本姓氏語源辞典 第三版 発売中! ご購入はこちらから
乙

乙(きのと / おと / おつ)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【乙】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

キノト 【乙】3 日本姓氏語源辞典

石川県北海道。オツ、オトも含む分布。北海道夕張郡栗山町でオトが存在。北海道では石川県白山市の鶴来から1898年に来住して乙丸屋の屋号を使用していたと伝える。推定では江戸時代の屋号による明治新姓。伝承での発音はオツ。石川県白山市乙丸町は江戸時代に記録のある地名。地名はオトマル。

2021年 6月 22日 更新

オツ 【乙】3 日本姓氏語源辞典

キノト参照。

2017年 10月 15日 更新

オト 【乙】3 日本姓氏語源辞典

キノト参照。

2019年 1月 13日 更新

もしかして

オツ 【小津】4 , オツ 【乙津】4 , オヅ 【小津】4 , オヅ 【尾津】3 , オヅ 【小都】3 , オト 【尾登】4 , オト 【音】3 , オト 【尾戸】2 , オト 【牡渡】1 , オト 【オト】1 , オド 【小渡】4 , オド 【小戸】3 , オド 【小土】2 , キノト 【木野戸】3 , キノト 【木ノ戸】3 , キノト 【城ノ戸】3

「乙」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【乙】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 大分県(約110人)
2 石川県(約30人)
3 北海道(約20人)
4 福岡県(約10人)
4 神奈川県(約10人)
6 新潟県(約10人)
7 静岡県(ごく少数)
7 秋田県(ごく少数)
7 岐阜県(ごく少数)
7 山梨県(ごく少数)
人口約200人
順位20,100 位
市区町村順位
1 大分県 宇佐市(約70人)
2 石川県 金沢市(約20人)
3 石川県 鳳珠郡能登町(約10人)
3 大分県 大分市(約10人)
3 大分県 中津市(約10人)
3 北海道 夕張郡栗山町(約10人)
7 大分県 別府市(約10人)
8 神奈川県 大和市(ごく少数)
8 石川県 白山市(ごく少数)
8 新潟県 北蒲原郡聖籠町(ごく少数)
小地域順位
1 大分県 宇佐市 荒木(約50人)
2 石川県 鳳珠郡能登町 宇出津(約10人)
3 大分県 宇佐市 森山下森山(約10人)
3 大分県 別府市 鶴見園町(約10人)

顕著に見られる市区町村

北海道 夕張郡栗山町 , 大分県 宇佐市

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000181% 1 大分県(0.00805%)
2 石川県(0.00273%)
3 山梨県(0.000422%)
4 富山県(0.000342%)
5 新潟県(0.000322%)
6 秋田県(0.0003%)
7 福岡県(0.000297%)
8 北海道(0.000279%)
9 岐阜県(0.000189%)
10 神奈川県(0.000184%)
市区町村順位
1 大分県 宇佐市(0.091%)
2 北海道 夕張郡栗山町(0.0675%)
3 石川県 鳳珠郡能登町(0.0381%)
4 新潟県 北蒲原郡聖籠町(0.0328%)
5 大分県 中津市(0.0134%)
6 山梨県 韮崎市(0.0112%)
7 静岡県 湖西市(0.00715%)
8 大分県 別府市(0.00667%)
9 岐阜県 可児市(0.00461%)
10 石川県 金沢市(0.00392%)
小地域順位
1 大分県 宇佐市 荒木(16.9% / 約50人)

関連項目

オツ【乙】3, オツマ【乙馬】3, オト【乙】3から参照。