響の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
響

響(ひびき)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【響】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒビキ 【響】3 日本姓氏語源辞典

北海道島根県仁多郡奥出雲町。推定では音が響く場所から。北海道野付郡別海町上風連では徳島県名西郡の出と伝える。推定では1900年頃の来住。

2019年 7月 13日 更新

もしかして

ヒビキ 【樋引】2 , ヒビキ 【枇々木】2 , ヒビキ 【日引】2 , ヒビキ 【日疋】2

「響」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【響】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 北海道(約20人)
2 大阪府(約10人)
3 東京都(約10人)
3 島根県(約10人)
5 青森県(ごく少数)
5 福岡県(ごく少数)
5 栃木県(ごく少数)
5 千葉県(ごく少数)
5 兵庫県(ごく少数)
5 京都府(ごく少数)
人口約70人
順位36,104 位
市区町村順位
1 島根県 仁多郡奥出雲町(約10人)
1 北海道 標津郡標津町(約10人)
3 福岡県 北九州市戸畑区(ごく少数)
3 京都府 福知山市(ごく少数)
3 青森県 八戸市(ごく少数)
3 栃木県 鹿沼市(ごく少数)
3 東京都 小平市(ごく少数)
3 東京都 新宿区(ごく少数)
3 千葉県 市川市(ごく少数)
3 大阪府 豊中市(ごく少数)
小地域順位
1 島根県 仁多郡奥出雲町 下阿井(約10人)

顕著に見られる市区町村

北海道 標津郡標津町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 島根県(0.000926%)
2 北海道(0.000279%)
3 青森県(0.000262%)
4 栃木県(0.000222%)
5 大阪府(0.000173%)
6 京都府(0.000166%)
7 東京都(ごく僅か)
8 福岡県(ごく僅か)
9 千葉県(ごく僅か)
10 兵庫県(ごく僅か)
市区町村順位
1 北海道 標津郡標津町(0.109%)
2 島根県 仁多郡奥出雲町(0.0404%)
3 北海道 野付郡別海町(0.0217%)
4 北海道 標津郡中標津町(0.0159%)
5 兵庫県 篠山市(0.00801%)
6 福岡県 北九州市戸畑区(0.00692%)
7 大阪府 大阪市西淀川区(0.00559%)
8 京都府 福知山市(0.00447%)
9 栃木県 鹿沼市(0.00411%)
10 大阪府 大阪市住吉区(0.00366%)
小地域順位

【響】姓の有名人