雲山の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

雲山

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【雲山】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

クモヤマ 【雲山】3 日本姓氏語源辞典

兵庫県宮崎県島根県

地形。雲と山から。兵庫県姫路市夢前町護持に江戸時代にあった。鳥取県鳥取市雲山は江戸時代から記録のある地名。地名は「蜘山」とも表記して「蜘」とも呼称もした。

事物広島県府中市上下町有福にある臨済宗の保泉寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の慶雲山から「雲」、「山」を。

事物岐阜県美濃市吉川町にある曹洞宗の善応寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の慈雲山から「雲」、「山」を使用。

事物滋賀県甲賀市土山町鮎河にある臨済宗の太平寺の僧侶による明治新姓。同寺の山号の祥雲山から「雲」、「山」を使用。

コリア系茨城県日立市(旧:多賀郡十王町)で1962年3月30日に帰化の記録あり。本姓は朴。ボク参照。本姓に崔もあり。サイ参照。島根県松江市で1974年に通名にあった。本姓は宋。ソウ参照。

「雲山」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【雲山】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 兵庫県(約50人)
2 宮崎県(約30人)
3 島根県(約10人)
4 大阪府(約10人)
5 静岡県(ごく少数)
5 滋賀県(ごく少数)
5 沖縄県(ごく少数)
5 愛知県(ごく少数)
5 岡山県(ごく少数)
5 山口県(ごく少数)
人口約140人
順位25,935 位
市区町村順位
1 宮崎県 宮崎市(約30人)
2 兵庫県 尼崎市(約10人)
2 兵庫県 姫路市(約10人)
4 島根県 松江市(約10人)
4 兵庫県 伊丹市(約10人)
4 兵庫県 西宮市(約10人)
7 愛知県 一宮市(ごく少数)
7 島根県 安来市(ごく少数)
7 山口県 下関市(ごく少数)
7 滋賀県 甲賀市(ごく少数)
小地域順位
1 兵庫県 伊丹市 池尻(約10人)
1 兵庫県 尼崎市 武庫の里(約10人)
1 兵庫県 姫路市 護持(約10人)
1 宮崎県 宮崎市 芳士(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000113% 1 宮崎県(0.00238%)
2 島根県(0.00139%)
3 兵庫県(0.000985%)
4 沖縄県(0.000396%)
5 滋賀県(0.000325%)
6 山口県(0.000239%)
7 岡山県(0.000203%)
8 京都府(0.000166%)
9 大阪府(0.000115%)
10 静岡県(0.000111%)
市区町村順位
1 宮崎県 西都市(0.0103%)
2 岡山県 新見市(0.00914%)
3 島根県 安来市(0.00749%)
4 宮崎県 宮崎市(0.00711%)
5 沖縄県 浦添市(0.00581%)
6 京都府 京丹後市(0.0053%)
7 兵庫県 伊丹市(0.00525%)
8 千葉県 浦安市(0.00501%)
9 滋賀県 甲賀市(0.00462%)
10 島根県 松江市(0.00381%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図