「開発」名字の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

開発

【開発】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

カイハツ 【開発】4 日本姓氏語源辞典

富山県兵庫県北海道

富山県射水市今開発(カイホツ)発祥。江戸時代から記録のある地名。同地から富山県射水市の小杉に江戸時代に移住して開発屋の屋号を使用していたと伝える。富山県高岡市開発(カイホツ)本町は江戸時代から記録のある地名。富山県高岡市福岡町開ほつ(カイホツ)は江戸時代から記録のある地名。江戸時代の表記は「開発」で1879年に「開馞」に改称。

富山県富山市水橋開発(カイホツ)発祥。江戸時代に「高野開発村」と呼称した地名。

地形。開発した土地から。兵庫県姫路市網干坂上が本拠。

カイホツ 【開発】4 日本姓氏語源辞典

開発カイハツ参照。

関連項目

カイハツ 【改発】4, カイハツ 【海発】3, カイハツ 【貝発】3, カイハツ 【開發】3, カイハツ 【改發】2, カイハツ 【海發】1, カイハツ 【貝發】1, カイホツ 【開保津】3は異形。

カイハツ 【開初】2姓あり。

もしかして

カイハツ 【改発】4 , カイハツ 【海発】3 , カイハツ 【貝発】3 , カイハツ 【開發】3 , カイハツ 【開初】2 , カイハツ 【改發】2 , カイハツ 【海發】1 , カイハツ 【貝發】1 , カイホツ 【改発】4 , カイホツ 【貝発】3 , カイホツ 【開保津】3

「開発」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【開発】姓の分布

顕著に見られる市区町村

北海道 苫前郡苫前町 , 富山県 高岡市 , 福島県 双葉郡富岡町 , 兵庫県 揖保郡太子町

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 富山県(約400人)
2 兵庫県(約300人)
3 北海道(約200人)
4 東京都(約200人)
5 神奈川県(約90人)
6 石川県(約70人)
6 大阪府(約70人)
8 新潟県(約70人)
9 埼玉県(約50人)
10 千葉県(約50人)
人口約1,700人
順位5,834 位
市区町村順位
1 富山県 高岡市(約200人)
2 兵庫県 姫路市(約120人)
3 富山県 富山市(約70人)
4 石川県 金沢市(約60人)
5 富山県 射水市(約50人)
6 兵庫県 揖保郡太子町(約50人)
7 新潟県 十日町市(約30人)
7 北海道 北広島市(約30人)
7 北海道 苫前郡苫前町(約30人)
10 東京都 杉並区(約20人)
小地域順位
1 兵庫県 姫路市 網干区坂上(約70人)
2 兵庫県 揖保郡太子町 原(約40人)
3 新潟県 十日町市 下条(約20人)
3 北海道 苫前郡苫前町 古丹別(約20人)
3 富山県 高岡市 大町(約20人)
3 富山県 高岡市 立野(約20人)
7 新潟県 妙高市 関川(約10人)
8 静岡県 浜松市 早出町(約10人)
8 新潟県 十日町市 上新田(約10人)
8 兵庫県 姫路市 網干区津市場(約10人)
都道府県分布数図都道府県分布数図 市区町村分布数図市区町村分布数図 小地域分布数図小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.00135% 1 富山県(0.0301%)
2 石川県(0.00581%)
3 兵庫県(0.00476%)
4 北海道(0.003%)
5 新潟県(0.00257%)
6 山梨県(0.00211%)
7 東京都(0.00204%)
8 和歌山県(0.00171%)
9 神奈川県(0.00129%)
10 大阪府(0.000979%)
市区町村順位
1 北海道 苫前郡苫前町(0.405%)
2 兵庫県 揖保郡太子町(0.137%)
3 富山県 高岡市(0.106%)
4 福島県 双葉郡富岡町(0.0699%)
5 富山県 射水市(0.049%)
6 新潟県 妙高市(0.0462%)
7 埼玉県 比企郡嵐山町(0.0448%)
8 北海道 北広島市(0.0446%)
9 新潟県 十日町市(0.0346%)
10 富山県 中新川郡上市町(0.0305%)
小地域順位
1 兵庫県 揖保郡太子町 原(3.57% / 約40人)
2 兵庫県 姫路市 網干区坂上(3.28% / 約70人)
都道府県分布比率図都道府県分布比率図 市区町村分布比率図市区町村分布比率図 小地域分布比率図小地域分布比率図

同姓の有名人