金戸の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
金戸

金戸さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【金戸】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

カネト 【金戸】4 日本姓氏語源辞典

石川県北海道富山県

富山県南砺市金戸発祥。江戸時代に記録のある地名。

地形。金属と出入り口から。岩手県岩手郡雫石町上野では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。岡山県久米郡美咲町金堀では戦国時代初期に兼藤姓から分家したとの伝あり。伝承での発音はカナト。兼藤カネトウ参照。

コリア(朝鮮・韓国)系事物。金に「戸」を追加。北海道上川郡美瑛町で1959年12月23日に帰化の記録あり。本姓は金。コン参照。

2020年 4月 20日 更新

カナト 【金戸】4 日本姓氏語源辞典

金戸カネト参照。

2017年 10月 15日 更新

カナド 【金戸】4 日本姓氏語源辞典

金戸カネト参照。

2020年 1月 3日 更新

キント 【金戸】4 日本姓氏語源辞典

金戸カネト参照。

2017年 10月 15日 更新

もしかして

カナト 【金礪】3 , カナト 【金登】2 , カネト 【金砺】3 , カネト 【金礪】3 , カネト 【金刀】2 , カネト 【金刃】1 , カネト 【金鑄】1 , キント 【金登】2 , キント 【金斗】2

「金戸」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【金戸】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル4 1 石川県(約130人)
2 北海道(約110人)
3 富山県(約70人)
4 大阪府(約60人)
5 滋賀県(約50人)
6 兵庫県(約50人)
7 東京都(約40人)
8 京都府(約40人)
9 宮城県(約30人)
10 茨城県(約30人)
人口約800人
順位9,421 位
市区町村順位
1 石川県 小松市(約40人)
1 石川県 金沢市(約40人)
3 滋賀県 長浜市(約40人)
4 富山県 砺波市(約30人)
4 宮城県 石巻市(約30人)
6 石川県 白山市(約30人)
6 富山県 南砺市(約30人)
8 茨城県 筑西市(約20人)
8 北海道 札幌市中央区(約20人)
10 大阪府 堺市(約20人)
小地域順位
1 石川県 小松市 今江町(約30人)
2 滋賀県 長浜市 十里町(約20人)
3 富山県 南砺市 土生新(約10人)
3 茨城県 筑西市 岡芹(約10人)
5 石川県 白山市 成町(約10人)
5 岡山県 久米郡美咲町 金堀(約10人)
5 兵庫県 洲本市 本町(約10人)
5 石川県 羽咋郡宝達志水町 南吉田(約10人)
5 北海道 苫小牧市 明野元町(約10人)
5 北海道 岩見沢市 御茶の水町(約10人)

顕著に見られる市区町村

富山県 砺波市 , 岡山県 久米郡美咲町 , 石川県 羽咋郡宝達志水町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000645% 1 石川県(0.0106%)
2 富山県(0.00582%)
3 滋賀県(0.0039%)
4 北海道(0.00182%)
5 宮城県(0.00167%)
6 京都府(0.0015%)
7 岩手県(0.00114%)
8 岡山県(0.00102%)
9 茨城県(0.000997%)
10 兵庫県(0.000903%)
市区町村順位
1 石川県 羽咋郡宝達志水町(0.0661%)
2 富山県 砺波市(0.0577%)
3 岡山県 久米郡美咲町(0.0521%)
4 岩手県 岩手郡雫石町(0.0457%)
5 石川県 小松市(0.0362%)
6 富山県 南砺市(0.0361%)
7 滋賀県 長浜市(0.029%)
8 石川県 白山市(0.0225%)
9 兵庫県 赤穂市(0.021%)
10 兵庫県 洲本市(0.02%)
小地域順位
1 石川県 小松市 今江町(0.594% / 約30人)

関連項目

カネト 【金砺】3, カネト 【金礪】3姓あり。

カナト【金戸】4, カナド【金戸】4, キント【金戸】4から参照。

【金戸】姓の有名人