豊広の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

豊広

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【豊広】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨヒロ 【豊広】3 日本姓氏語源辞典

神奈川県宮崎県鹿児島県創賜。好字の「豊」、「広」から。鹿児島県霧島市国分向花に江戸時代にあった門割制度の豊広門から。男性の名前に豊広あり。広島県福山市坪生町に分布あり。

関連項目

トヨヒロ 【豊廣】2は異形。

もしかして

トヨヒロ 【豊廣】2

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【豊広】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 鹿児島県(約40人)
2 宮崎県(約10人)
3 神奈川県(約10人)
3 千葉県(約10人)
5 福岡県(ごく少数)
5 熊本県(ごく少数)
5 東京都(ごく少数)
5 広島県(ごく少数)
5 岐阜県(ごく少数)
5 大阪府(ごく少数)
人口約100人
順位30,266 位
市区町村順位
1 鹿児島県 霧島市(約30人)
2 鹿児島県 鹿児島市(約10人)
2 宮崎県 都城市(約10人)
4 熊本県 下益城郡美里町(ごく少数)
4 福岡県 飯塚市(ごく少数)
4 神奈川県 川崎市多摩区(ごく少数)
4 神奈川県 川崎市宮前区(ごく少数)
4 岐阜県 岐阜市(ごく少数)
4 宮崎県 延岡市(ごく少数)
4 東京都 多摩市(ごく少数)
小地域順位
1 鹿児島県 霧島市 下井(約30人)
2 宮崎県 都城市 有水(約10人)
3 熊本県 下益城郡美里町 畝野(ごく少数)
3 鹿児島県 霧島市 城山町(ごく少数)
3 広島県 福山市 坪生町(ごく少数)
3 東京都 多摩市 関戸(ごく少数)
3 大阪府 大阪市東住吉区 田辺(ごく少数)
3 千葉県 香取市 上宿台(ごく少数)
3 福岡県 飯塚市 相田(ごく少数)
3 神奈川県 川崎市多摩区 生田(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 鹿児島県(0.00203%)
2 宮崎県(0.00102%)
3 熊本県(0.000228%)
4 岐阜県(0.000189%)
5 千葉県(0.000176%)
6 広島県(0.000144%)
7 神奈川県(0.000123%)
8 福岡県(ごく僅か)
9 埼玉県(ごく僅か)
10 大阪府(ごく僅か)
市区町村順位
1 熊本県 下益城郡美里町(0.0275%)
2 鹿児島県 霧島市(0.0249%)
3 千葉県 香取市(0.00471%)
4 宮崎県 都城市(0.0043%)
5 東京都 多摩市(0.00394%)
6 大阪府 大阪市東住吉区(0.00376%)
7 神奈川県 川崎市多摩区(0.00318%)
8 神奈川県 川崎市宮前区(0.00308%)
9 福岡県 飯塚市(0.00308%)
10 宮崎県 延岡市(0.00283%)
小地域順位
1 鹿児島県 霧島市 下井(1.41% / 約30人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図