要藤の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
要藤

要藤(ようとう / ようどう)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【要藤】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨウドウ 【要藤】3 日本姓氏語源辞典

富山県高岡市北海道東京都富山県高岡市山川の小字の要藤から発祥。同地付近では藤原氏の後裔で平安時代の武将である藤原秀郷の別名だった俵藤太の「俵藤」が要藤になったとの伝あり。俵藤太はタワラノトウタ、俵藤はヒョウドウ。藤原フジワラ参照。俵藤ヒョウドウ参照。

2020年 3月 9日 更新

ヨウトウ 【要藤】3 日本姓氏語源辞典

要藤ヨウドウ参照。

2020年 12月 5日 更新

もしかして

ヨウドウ 【養藤】2 , ヨウドウ 【踊堂】2 , ヨウドウ 【養道】2

「要藤」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【要藤】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 富山県(約70人)
2 東京都(約30人)
2 北海道(約30人)
4 埼玉県(約10人)
4 千葉県(約10人)
6 愛知県(ごく少数)
6 宮城県(ごく少数)
6 大阪府(ごく少数)
6 京都府(ごく少数)
人口約200人
順位23,677 位
市区町村順位
1 富山県 高岡市(約70人)
2 北海道 帯広市(約10人)
2 北海道 千歳市(約10人)
4 東京都 世田谷区(ごく少数)
4 東京都 中野区(ごく少数)
4 愛知県 一宮市(ごく少数)
4 京都府 京都市伏見区(ごく少数)
4 東京都 荒川区(ごく少数)
4 東京都 足立区(ごく少数)
4 東京都 国立市(ごく少数)
小地域順位
1 富山県 高岡市 山川(約30人)
2 富山県 高岡市 大野(約10人)
3 北海道 千歳市 弥生(約10人)

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000135% 1 富山県(0.00548%)
2 北海道(0.000489%)
3 東京都(0.000348%)
4 宮城県(0.000208%)
5 千葉県(0.000176%)
6 京都府(0.000166%)
7 埼玉県(0.000147%)
8 愛知県(ごく僅か)
9 大阪府(ごく僅か)
市区町村順位
1 富山県 高岡市(0.0327%)
2 北海道 千歳市(0.0156%)
3 宮城県 角田市(0.0127%)
4 大阪府 大阪市西区(0.0106%)
5 東京都 国立市(0.00781%)
6 千葉県 館山市(0.00696%)
7 北海道 帯広市(0.00655%)
8 埼玉県 新座市(0.00371%)
9 東京都 文京区(0.00344%)
10 東京都 荒川区(0.00324%)
小地域順位
1 富山県 高岡市 山川(33.3% / 約30人)

関連項目

ヨウトウ【要藤】3から参照。