藤科の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

藤科

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【藤科】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

フジシナ 【藤科】2 日本姓氏語源辞典

山梨県山梨市合略。藤原の略。鎌倉時代の僧侶で浄土真宗の開祖の親鸞が藤原氏の後裔と伝えることから「藤」を使用した僧侶による明治新姓。寺の例。山梨県山梨市牧丘町窪平にある浄土真宗の玄超寺、山梨県山梨市牧丘町倉科にある臨済宗の慶徳寺。倉科は戦国時代から記録のある地名。藤原フジワラ参照。

「藤科」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【藤科】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル2 1 山梨県(約20人)
2 東京都(ごく少数)
2 山形県(ごく少数)
2 埼玉県(ごく少数)
2 千葉県(ごく少数)
人口約40人
順位ランク外
市区町村順位
1 山梨県 山梨市(約20人)
2 山梨県 笛吹市(ごく少数)
2 山形県 鶴岡市(ごく少数)
2 東京都 西東京市(ごく少数)
2 埼玉県 南埼玉郡宮代町(ごく少数)
2 千葉県 習志野市(ごく少数)
小地域順位
1 山梨県 山梨市 倉科(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 山梨県(0.00211%)
2 山形県(0.000311%)
3 千葉県(ごく僅か)
4 埼玉県(ごく僅か)
5 東京都(ごく僅か)
市区町村順位
1 山梨県 山梨市(0.0358%)
2 埼玉県 南埼玉郡宮代町(0.0132%)
3 山梨県 笛吹市(0.00557%)
4 千葉県 習志野市(0.00346%)
5 東京都 西東京市(0.00316%)
6 山形県 鶴岡市(0.00269%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図