草鹿砥の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

草鹿砥

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【草鹿砥】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

クサカド 【草鹿砥】2 日本姓氏語源辞典

愛知県豊川市合略。第一要素の草は日下部から。愛知県豊川市一宮町西垣内にある砥鹿(トガ)神社の神主は日下部(クサカベ)姓から「草」、神社名から「鹿」と「砥」を使用したと伝える。「日下戸」とも表記した。日下戸は現存するか不明。日下部クサカベ参照。

もしかして

クサカド 【草門】3

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【草鹿砥】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル2 1 神奈川県(ごく少数)
1 愛知県(ごく少数)
人口約10人
順位ランク外
市区町村順位
1 神奈川県 横浜市青葉区(ごく少数)
1 愛知県 豊川市(ごく少数)
小地域順位
1 神奈川県 横浜市青葉区 奈良(ごく少数)
1 愛知県 豊川市 一宮宮前(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 愛知県(ごく僅か)
2 神奈川県(ごく僅か)
市区町村順位
1 愛知県 豊川市(0.00246%)
2 神奈川県 横浜市青葉区(0.00236%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

【草鹿砥】姓の有名人