羽津本の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
書籍 日本姓氏語源辞典 第三版 発売中! ご購入はこちらから
羽津本

羽津本(はづもと)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【羽津本】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

ハヅモト 【羽津本】2 日本姓氏語源辞典

三重県津市三重県四日市市羽津町発祥。室町時代に記録のある地名。地名は「波津」、「幡豆」とも表記した。「羽津が本」の意。

2020年 6月 5日 更新

もしかして

ハツモト 【初本】3 , ハツモト 【初元】2

「羽津本」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【羽津本】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル2 1 三重県(約30人)
2 千葉県(ごく少数)
人口約30人
順位ランク外
市区町村順位
1 三重県 津市(約30人)
2 三重県 鈴鹿市(ごく少数)
2 千葉県 市原市(ごく少数)
小地域順位
1 三重県 津市 白塚町(約30人)

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 三重県(0.00153%)
2 千葉県(ごく僅か)
市区町村順位
1 三重県 津市(0.00885%)
2 三重県 鈴鹿市(0.00246%)
3 千葉県 市原市(0.00181%)
小地域順位
1 三重県 津市 白塚町(0.28% / 約30人)