紫和の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

紫和

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【紫和】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

シワ 【紫和】3 日本姓氏語源辞典

香川県善通寺市創賜香川県善通寺市与北町では飛鳥時代の皇族である聖徳太子の後裔が冠位十二階の最高位の色から「紫」、十七条憲法の第一条の「以和為貴」から「和」を使用したと伝える。

もしかして

シワ 【志波】4 , シワ 【志和】4 , シワ 【紫波】3

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【紫和】姓の分布

顕著に見られる市区町村

香川県 善通寺市

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 香川県(約80人)
2 大阪府(約20人)
3 福岡県(約10人)
4 茨城県(ごく少数)
4 神奈川県(ごく少数)
4 滋賀県(ごく少数)
4 兵庫県(ごく少数)
人口約130人
順位26,868 位
市区町村順位
1 香川県 善通寺市(約60人)
2 福岡県 北九州市門司区(約10人)
3 大阪府 吹田市(約10人)
3 香川県 丸亀市(約10人)
3 香川県 仲多度郡多度津町(約10人)
6 滋賀県 彦根市(ごく少数)
6 神奈川県 横浜市戸塚区(ごく少数)
6 香川県 綾歌郡宇多津町(ごく少数)
6 香川県 観音寺市(ごく少数)
6 茨城県 神栖市(ごく少数)
小地域順位
1 香川県 善通寺市 与北町(約30人)
2 福岡県 北九州市門司区 田野浦(約10人)
3 香川県 善通寺市 稲木町(約10人)
3 大阪府 吹田市 津雲台(約10人)
3 香川県 善通寺市 与北町田高田(約10人)
6 兵庫県 神戸市須磨区 高倉台(ごく少数)
6 神奈川県 横浜市戸塚区 上柏尾町(ごく少数)
6 香川県 綾歌郡宇多津町 宇多津田町(ごく少数)
6 茨城県 神栖市 大野原(ごく少数)
6 大阪府 大阪市福島区 海老江(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000106% 1 香川県(0.00726%)
2 滋賀県(0.000325%)
3 福岡県(0.000297%)
4 大阪府(0.00023%)
5 茨城県(0.000142%)
6 兵庫県(ごく僅か)
7 神奈川県(ごく僅か)
市区町村順位
1 香川県 善通寺市(0.142%)
2 香川県 綾歌郡宇多津町(0.031%)
3 香川県 仲多度郡多度津町(0.0292%)
4 福岡県 北九州市門司区(0.0104%)
5 大阪府 大阪市福島区(0.00934%)
6 香川県 丸亀市(0.00732%)
7 茨城県 神栖市(0.00555%)
8 香川県 観音寺市(0.00553%)
9 滋賀県 彦根市(0.00398%)
10 大阪府 吹田市(0.0031%)
小地域順位
1 香川県 善通寺市 与北町(1.2% / 約30人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図