紅楳の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

紅楳

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【紅楳】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

コウバイ 【紅楳】2 日本姓氏語源辞典

大分県福岡県熊本県事物紅梅の異形。大分県中津市本耶馬渓町落合にある浄土真宗の雲西寺の僧侶による明治新姓。同寺では赤い梅があったことからと伝える。

もしかして

コウハイ 【弘灰】2 , コウバイ 【匂梅】3 , コウバイ 【紅梅】2 , コウバイ 【香梅】2 , コウバイ 【黄梅】1

「紅楳」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【紅楳】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル2 1 熊本県(ごく少数)
1 大阪府(ごく少数)
1 大分県(ごく少数)
人口約10人
順位ランク外
市区町村順位
1 熊本県 荒尾市(ごく少数)
1 大阪府 高槻市(ごく少数)
1 大分県 中津市(ごく少数)
小地域順位
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 大分県(0.000322%)
2 熊本県(0.000228%)
3 大阪府(ごく僅か)
市区町村順位
1 熊本県 荒尾市(0.00677%)
2 大分県 中津市(0.00447%)
3 大阪府 高槻市(0.00132%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図