第十の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
第十

第十さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【第十】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイジュウ 【第十】3 日本姓氏語源辞典

徳島県徳島市

徳島県名西郡石井町藍畑第十発祥。南北朝時代から記録のある地名。

創賜奈良県桜井市芝が藩庁の芝村藩士に江戸時代にあった。同地に分布あり。同地では高知県の土佐湾に面してあった第十番目の砦での功績により山内氏から賜ったと伝える。推定では1600年(慶長5年)頃。高知県高知市浦戸で1601年(慶長6年)に記録あり。高知県高知市丸ノ内が藩庁の土佐藩士に江戸時代にあった。

2018年 6月 7日 更新

もしかして

タイシュウ 【大刕】1 , ダイジュウ 【代重】2

「第十」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【第十】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 徳島県(約30人)
2 長崎県(約10人)
2 奈良県(約10人)
4 神奈川県(ごく少数)
4 広島県(ごく少数)
4 兵庫県(ごく少数)
人口約60人
順位39,718 位
市区町村順位
1 徳島県 徳島市(約30人)
2 長崎県 佐世保市(約10人)
3 神奈川県 横浜市青葉区(ごく少数)
3 奈良県 桜井市(ごく少数)
3 奈良県 吉野郡吉野町(ごく少数)
3 兵庫県 明石市(ごく少数)
3 広島県 東広島市(ごく少数)
小地域順位
1 徳島県 徳島市 入田町月の宮(約20人)

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 徳島県(0.00328%)
2 奈良県(0.000594%)
3 長崎県(0.000515%)
4 広島県(0.000144%)
5 兵庫県(ごく僅か)
6 神奈川県(ごく僅か)
市区町村順位
1 奈良県 吉野郡吉野町(0.0291%)
2 徳島県 徳島市(0.0117%)
3 奈良県 桜井市(0.00657%)
4 長崎県 佐世保市(0.00296%)
5 広島県 東広島市(0.00249%)
6 神奈川県 横浜市青葉区(0.00236%)
7 兵庫県 明石市(0.00163%)
小地域順位
1 徳島県 徳島市 入田町月の宮(11.6% / 約20人)