竹端の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

竹端

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【竹端】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

タケハナ 【竹端】4 日本姓氏語源辞典

滋賀県石川県富山県。タケハタ、タケバタも含む分布。タケバは稀少。

地形。竹と端の土地から。愛知県名古屋市中区本丸が藩庁の尾張藩士に江戸時代にあった。善隣岡山県勝田郡勝央町河原に分布あり。

石川県輪島市稲舟町竹ノ端(タケノハタ)発祥。同地に分布あり。石川県珠洲市上戸町北方に江戸時代にあった。同地では農業、林業に従事していたと伝える。

タケバ 【竹端】4 日本姓氏語源辞典

竹端タケハナ参照。

タケハタ 【竹端】4 日本姓氏語源辞典

竹端タケハナ参照。

もしかして

タケバ 【武者】5 , タケバ 【竹馬】4 , タケバ 【竹葉】4 , タケバ 【竹場】3 , タケバ 【武半】3 , タケハタ 【竹畑】3 , タケハタ 【竹畠】3 , タケハナ 【竹花】5 , タケハナ 【竹鼻】4 , タケハナ 【武塙】3 , タケハナ 【武花】3 , タケハナ 【竹華】2

「竹端」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【竹端】姓の分布

顕著に見られる市区町村

岡山県 勝田郡勝央町 , 富山県 砺波市 , 滋賀県 大津市 , 石川県 七尾市 , 石川県 珠洲市 , 北海道 樺戸郡新十津川町 , 北海道 斜里郡清里町

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 滋賀県(約300人)
2 石川県(約200人)
3 富山県(約110人)
3 京都府(約110人)
5 北海道(約70人)
6 東京都(約60人)
6 岡山県(約60人)
8 兵庫県(約50人)
9 大阪府(約50人)
10 愛知県(約40人)
人口約1,200人
順位7,436 位
市区町村順位
1 滋賀県 大津市(約200人)
2 石川県 七尾市(約70人)
3 富山県 砺波市(約50人)
4 岡山県 勝田郡勝央町(約30人)
4 石川県 金沢市(約30人)
4 滋賀県 近江八幡市(約30人)
7 石川県 珠洲市(約30人)
8 京都府 京都市右京区(約30人)
9 富山県 高岡市(約20人)
10 広島県 大竹市(約20人)
小地域順位
1 滋賀県 大津市 本堅田(約130人)
2 富山県 砺波市 八十歩(約30人)
3 石川県 七尾市 古府町(約30人)
4 岡山県 勝田郡勝央町 石生(約20人)
5 広島県 大竹市 立戸(約20人)
6 石川県 珠洲市 上戸町北方(約10人)
7 滋賀県 近江八幡市 牧町(約10人)
7 滋賀県 野洲市 北野(約10人)
7 石川県 鳳珠郡能登町 長尾(約10人)
7 北海道 樺戸郡新十津川町 総進(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000947% 1 滋賀県(0.0195%)
2 石川県(0.0137%)
3 富山県(0.0089%)
4 京都府(0.00432%)
5 岡山県(0.00264%)
6 北海道(0.00119%)
7 兵庫県(0.000985%)
8 福井県(0.000956%)
9 愛知県(0.000672%)
10 三重県(0.000657%)
市区町村順位
1 岡山県 勝田郡勝央町(0.238%)
2 北海道 樺戸郡新十津川町(0.13%)
3 石川県 珠洲市(0.102%)
4 富山県 砺波市(0.0906%)
5 石川県 七尾市(0.0845%)
6 滋賀県 大津市(0.0634%)
7 北海道 斜里郡清里町(0.0606%)
8 広島県 大竹市(0.0458%)
9 滋賀県 近江八幡市(0.0419%)
10 石川県 輪島市(0.0353%)
小地域順位
1 富山県 砺波市 八十歩(33.3% / 約30人)
2 岡山県 勝田郡勝央町 石生(3.21% / 約20人)
3 石川県 七尾市 古府町(1.8% / 約30人)
4 滋賀県 大津市 本堅田(1.64% / 約130人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

同姓同名ランキング

1 竹端 弘 (3)
1 竹端 清 (3)
1 竹端 義弘 (3)
1 竹端 久雄 (3)