「秋広」名字の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

秋広

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【秋広】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

アキヒロ 【秋広】4 日本姓氏語源辞典

東京都鹿児島県宮崎県

東京都大島町波浮港では千葉県君津市市宿から1790年(寛政2年)に来住したと伝える。千葉県君津市市宿付近(旧:秋元郷)は鎌倉時代から記録のある地名。

創賜宮崎県都城市安久町に江戸時代にあった門割制度の秋広門から。門名は推定では季節の秋と広い土地。

善隣広島県三原市大和町上徳良の小字の秋広から発祥。

※同地付近で戦国時代に毛利氏の家臣にあった。

関連項目

アキヒロ 【秋廣】3は異形。

もしかして

アキヒロ 【秋廣】3

「秋広」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【秋広】姓の分布

顕著に見られる市区町村

東京都 大島大島町 , 長野県 下伊那郡高森町

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 東京都(約120人)
2 鹿児島県(約100人)
3 宮崎県(約50人)
4 千葉県(約50人)
5 広島県(約40人)
6 埼玉県(約40人)
7 神奈川県(約30人)
8 長野県(約30人)
9 福岡県(約20人)
10 大分県(約10人)
人口約500人
順位12,093 位
市区町村順位
1 鹿児島県 鹿児島市(約90人)
2 東京都 大島大島町(約60人)
3 宮崎県 都城市(約50人)
4 鹿児島県 霧島市(約20人)
5 広島県 三原市(約10人)
5 長野県 下伊那郡高森町(約10人)
5 埼玉県 春日部市(約10人)
5 埼玉県 川口市(約10人)
9 沖縄県 うるま市(約10人)
9 東京都 台東区(約10人)
小地域順位
1 鹿児島県 鹿児島市 中山町(約70人)
2 宮崎県 都城市 安久町(約40人)
3 東京都 大島大島町 波浮港(約30人)
4 長野県 下伊那郡高森町 山吹(約10人)
5 千葉県 市川市 北方町(約10人)
5 大分県 国東市 浜(約10人)
5 鹿児島県 鹿児島市 桜ケ丘(約10人)
5 沖縄県 うるま市 屋慶名(約10人)
5 東京都 大島大島町 元町(約10人)
5 埼玉県 川口市 西青木(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000429% 1 鹿児島県(0.00488%)
2 宮崎県(0.00407%)
3 広島県(0.00144%)
4 東京都(0.00134%)
5 長野県(0.00115%)
6 千葉県(0.00097%)
7 大分県(0.000965%)
8 沖縄県(0.000793%)
9 埼玉県(0.000661%)
10 神奈川県(0.000491%)
市区町村順位
1 東京都 大島大島町(0.36%)
2 長野県 下伊那郡高森町(0.0908%)
3 長野県 上伊那郡飯島町(0.0345%)
4 長野県 下伊那郡松川町(0.0264%)
5 埼玉県 比企郡鳩山町(0.0263%)
6 宮崎県 都城市(0.0237%)
7 大分県 国東市(0.0181%)
8 鹿児島県 鹿児島市(0.015%)
9 神奈川県 足柄下郡湯河原町(0.014%)
10 鹿児島県 霧島市(0.0124%)
小地域順位
1 東京都 大島大島町 波浮港(2.5% / 約30人)
2 鹿児島県 鹿児島市 中山町(1.05% / 約70人)
3 宮崎県 都城市 安久町(0.809% / 約40人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

【秋広】姓の有名人

同姓同名ランキング

1 秋広 重雄 (2)
1 秋広 省三 (2)
1 秋広 光男 (2)
1 秋広 実 (2)
1 秋広 日出夫 (2)
1 秋広 平八郎 (2)