「槙永」名字の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

槙永

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【槙永】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

マキナガ 【槙永】3 日本姓氏語源辞典

広島県尾道市事物。槙から。「永」は好字。広島県尾道市木ノ庄町市原に分布あり。同地に槙峠池あり。

関連項目

マキナガ 【槇永】1は異形。

もしかして

マキナガ 【牧長】2 , マキナガ 【牧永】2 , マキナガ 【槇永】1

「槙永」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【槙永】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 広島県(約60人)
2 大阪府(約10人)
3 東京都(ごく少数)
3 島根県(ごく少数)
3 岡山県(ごく少数)
3 山梨県(ごく少数)
3 奈良県(ごく少数)
3 埼玉県(ごく少数)
3 千葉県(ごく少数)
3 兵庫県(ごく少数)
人口約100人
順位30,265 位
市区町村順位
1 広島県 尾道市(約30人)
2 広島県 福山市(約10人)
2 広島県 東広島市(約10人)
4 島根県 松江市(ごく少数)
4 京都府 京都市右京区(ごく少数)
4 山梨県 南アルプス市(ごく少数)
4 岡山県 苫田郡鏡野町(ごく少数)
4 東京都 江東区(ごく少数)
4 奈良県 奈良市(ごく少数)
4 大阪府 大阪市淀川区(ごく少数)
小地域順位
1 広島県 尾道市 木ノ庄町市原(約20人)
2 広島県 東広島市 西条町下三永(約10人)
3 千葉県 八千代市 米本(ごく少数)
3 奈良県 奈良市 学園大和町(ごく少数)
3 岡山県 苫田郡鏡野町 奥津(ごく少数)
3 山梨県 南アルプス市 徳永(ごく少数)
3 島根県 松江市 西川津町(ごく少数)
3 広島県 尾道市 門田町(ごく少数)
3 広島県 尾道市 江奥(ごく少数)
3 兵庫県 神戸市灘区 稗原町(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 広島県(0.00187%)
2 島根県(0.000463%)
3 山梨県(0.000422%)
4 奈良県(0.000297%)
5 岡山県(0.000203%)
6 京都府(0.000166%)
7 大阪府(0.000115%)
8 千葉県(ごく僅か)
9 兵庫県(ごく僅か)
10 埼玉県(ごく僅か)
市区町村順位
1 岡山県 苫田郡鏡野町(0.0215%)
2 広島県 尾道市(0.0166%)
3 広島県 竹原市(0.0101%)
4 山梨県 南アルプス市(0.00549%)
5 広島県 東広島市(0.00499%)
6 兵庫県 神戸市灘区(0.00423%)
7 埼玉県 さいたま市南区(0.00376%)
8 大阪府 大阪市淀川区(0.00372%)
9 千葉県 八千代市(0.00309%)
10 京都府 京都市右京区(0.00239%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図