「楠藤」名字の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

楠藤

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【楠藤】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナントウ 【楠藤】3 日本姓氏語源辞典

徳島県徳島市合略。楠木と佐藤の合成。徳島県徳島市中島田町の佐藤氏が江戸時代に自分の田畑を犠牲にして用水を掘ったことで徳島県徳島市徳島町城内が藩庁の徳島藩主の蜂須賀氏から大阪府東部(旧:河内国)の出であることにちなんで楠木氏の「楠」を賜ったと伝える。楠木クスノキ参照。佐藤サトウ参照。

もしかして

ナントウ 【南島】4 , ナントウ 【南藤】3 , ナントウ 【南東】3 , ナントウ 【南任】2 , ナントウ 【南涛】2 , ナントウ 【南濤】1 , ナンドウ 【難藤】3 , ナンドウ 【南堂】3 , ナンドウ 【南洞】3 , ナンドウ 【南道】2

「楠藤」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【楠藤】姓の分布

分布数

全国 都道府県順位
レベル3 1 徳島県(約50人)
2 岡山県(約20人)
3 愛媛県(約10人)
3 大阪府(約10人)
5 東京都(ごく少数)
5 山口県(ごく少数)
人口約90人
順位32,457 位
市区町村順位
1 徳島県 徳島市(約50人)
2 岡山県 岡山市(約10人)
2 愛媛県 松山市(約10人)
4 東京都 三鷹市(ごく少数)
4 岡山県 倉敷市(ごく少数)
4 山口県 下関市(ごく少数)
4 岡山県 高梁市(ごく少数)
4 大阪府 箕面市(ごく少数)
4 大阪府 大阪市浪速区(ごく少数)
小地域順位
1 徳島県 徳島市 南田宮(約10人)
2 愛媛県 松山市 本町(約10人)
2 徳島県 徳島市 中島田町(約10人)
2 徳島県 徳島市 蔵本元町(約10人)
5 東京都 三鷹市 牟礼(ごく少数)
5 山口県 下関市 本町(ごく少数)
5 大阪府 箕面市 稲(ごく少数)
5 岡山県 岡山市 原尾島(ごく少数)
5 岡山県 高梁市 奥万田町(ごく少数)
5 徳島県 徳島市 鮎喰町(ごく少数)
都道府県分布数図都道府県分布数図 市区町村分布数図市区町村分布数図 小地域分布数図小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 徳島県(0.00515%)
2 岡山県(0.000813%)
3 愛媛県(0.000492%)
4 山口県(0.000239%)
5 大阪府(0.000115%)
6 東京都(ごく僅か)
市区町村順位
1 徳島県 徳島市(0.0184%)
2 大阪府 大阪市浪速区(0.0151%)
3 岡山県 高梁市(0.00839%)
4 大阪府 箕面市(0.00404%)
5 東京都 三鷹市(0.00343%)
6 愛媛県 松山市(0.00174%)
7 岡山県 岡山市(0.00138%)
8 山口県 下関市(0.00127%)
9 岡山県 倉敷市(0.00089%)
小地域順位
都道府県分布比率図都道府県分布比率図 市区町村分布比率図市区町村分布比率図 小地域分布比率図小地域分布比率図

【楠藤】姓の有名人