楠下の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
書籍 日本姓氏語源辞典 第三版 発売中! ご購入はこちらから
楠下

楠下(くすした)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【楠下】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

クスシタ 【楠下】3 日本姓氏語源辞典

奈良県熊本県香川県。推定では楠の下から。楠木姓あり。奈良県奈良市大安寺では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。熊本県八代市千丁町太牟田に分布あり。楠木クスノキ参照。

福島県二本松市郭内が藩庁の二本松藩士に江戸時代にあった。

2020年 1月 21日 更新

もしかして

クズシタ 【葛下】2

「楠下」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【楠下】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 奈良県(約40人)
2 熊本県(約30人)
3 香川県(約20人)
4 福岡県(約20人)
5 大阪府(約10人)
6 愛知県(約10人)
6 京都府(約10人)
8 鳥取県(ごく少数)
8 長崎県(ごく少数)
8 広島県(ごく少数)
人口約200人
順位23,677 位
市区町村順位
1 奈良県 奈良市(約30人)
2 熊本県 八代市(約30人)
3 福岡県 福岡市中央区(約10人)
3 香川県 三豊市(約10人)
5 京都府 城陽市(約10人)
5 奈良県 生駒市(約10人)
5 香川県 坂出市(約10人)
8 熊本県 上天草市(ごく少数)
8 福岡県 北九州市小倉南区(ごく少数)
8 岡山県 倉敷市(ごく少数)
小地域順位
1 奈良県 奈良市 大安寺(約20人)
2 熊本県 八代市 太牟田(約20人)
3 熊本県 八代市 古閑中町(約10人)
3 福岡県 福岡市中央区 春吉(約10人)
3 香川県 三豊市 積(約10人)

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000135% 1 奈良県(0.00297%)
2 香川県(0.00191%)
3 熊本県(0.0016%)
4 鳥取県(0.000606%)
5 福岡県(0.000395%)
6 和歌山県(0.000342%)
7 京都府(0.000333%)
8 長崎県(0.000258%)
9 岡山県(0.000203%)
10 大阪府(0.000173%)
市区町村順位
1 熊本県 八代市(0.0176%)
2 福岡県 福岡市中央区(0.0144%)
3 香川県 三豊市(0.014%)
4 香川県 坂出市(0.0127%)
5 大阪府 大阪市天王寺区(0.011%)
6 熊本県 上天草市(0.00998%)
7 京都府 城陽市(0.00996%)
8 長崎県 西海市(0.00981%)
9 奈良県 奈良市(0.00964%)
10 奈良県 生駒市(0.00805%)
小地域順位
1 奈良県 奈良市 大安寺(0.502% / 約20人)