梅次の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
書籍 日本姓氏語源辞典 第三版 発売中! ご購入はこちらから
梅次

梅次(うめじ / うめつぐ)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【梅次】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

ウメジ 【梅次】3 日本姓氏語源辞典

富山県兵庫県北海道。ウメツグも含む分布。富山県滑川市でウメツグが存在。「梅」を含む姓あり。北海道広尾郡大樹町萠和では鳥取県から1922年頃に移住したと伝える。富山県滑川市大窪が本拠。同地では農業に従事していたと伝える。推定では江戸時代。

2021年 5月 6日 更新

ウメツグ 【梅次】3 日本姓氏語源辞典

梅次ウメジ参照。

2017年 10月 15日 更新

もしかして

ウメジ 【梅地】3 , ウメジ 【梅路】2

「梅次」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【梅次】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル3 1 富山県(約50人)
2 兵庫県(約20人)
3 広島県(約10人)
3 大阪府(約10人)
3 北海道(約10人)
6 千葉県(約10人)
7 鳥取県(ごく少数)
7 福島県(ごく少数)
7 神奈川県(ごく少数)
7 滋賀県(ごく少数)
人口約130人
順位26,400 位
市区町村順位
1 富山県 滑川市(約30人)
2 広島県 呉市(約10人)
2 北海道 広尾郡大樹町(約10人)
4 富山県 魚津市(約10人)
4 大阪府 豊中市(約10人)
4 兵庫県 神戸市垂水区(約10人)
7 福島県 いわき市(ごく少数)
7 富山県 富山市(ごく少数)
7 三重県 名張市(ごく少数)
7 神奈川県 横浜市南区(ごく少数)
小地域順位
1 富山県 滑川市 大窪(約30人)
2 兵庫県 神戸市垂水区 南多聞台(約10人)
2 大阪府 豊中市 新千里西町(約10人)
2 富山県 魚津市 吉島(約10人)

顕著に見られる市区町村

富山県 滑川市 , 北海道 広尾郡大樹町

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.00011% 1 富山県(0.00377%)
2 鳥取県(0.000606%)
3 広島県(0.000433%)
4 兵庫県(0.000328%)
5 滋賀県(0.000325%)
6 三重県(0.000219%)
7 北海道(0.000209%)
8 福島県(0.000201%)
9 千葉県(0.000176%)
10 大阪府(0.000173%)
市区町村順位
1 北海道 広尾郡大樹町(0.138%)
2 富山県 滑川市(0.079%)
3 鳥取県 東伯郡北栄町(0.0204%)
4 富山県 魚津市(0.0157%)
5 三重県 名張市(0.00528%)
6 滋賀県 近江八幡市(0.00523%)
7 大阪府 泉佐野市(0.00472%)
8 兵庫県 神戸市垂水区(0.00414%)
9 広島県 呉市(0.00395%)
10 千葉県 流山市(0.00337%)
小地域順位
1 富山県 滑川市 大窪(23.1% / 約30人)

関連項目

ウメツグ【梅次】3から参照。