「桃木」名字の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

桃木

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【桃木】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

モモキ 【桃木】4 日本姓氏語源辞典

鹿児島県北海道埼玉県

地形鹿児島県指宿市山川成川に江戸時代にあった門割制度の桃木原門から。門名は桃の木と原から。

鹿児島県志布志市松山町尾野見の小字の桃木から発祥。同地に江戸時代に門割制度の桃木門があった。

埼玉県比企郡ときがわ町桃木(モモノキ)発祥。江戸時代から記録のある地名。地名は「桃ノ木」とも表記した。埼玉県越谷市神明町に江戸時代にあった。

広島県広島市安佐南区川内の小字の桃ノ木から発祥。

和歌山県御坊市塩屋町北塩屋の小字の桃ノ木から発祥。

コリア系事物。李の字義の「スモモ」から「桃」を使用。北海道美唄市で1955年11月25日に帰化の記録あり。本姓は李。参照。

シナ系合略。姚が含む「桃」を使用。東京都八王子市で1973年9月27日に帰化の記録あり。本姓は姚。ヨウ参照。

モモノキ 【桃木】4 日本姓氏語源辞典

桃木モモキ参照。

もしかして

モモキ 【百木】4 , モモキ 【百々亀】2 , モモキ 【桃城】2

「桃木」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【桃木】姓の分布

顕著に見られる市区町村

北海道 空知郡奈井江町 , 熊本県 球磨郡多良木町 , 鹿児島県 指宿市 , 鹿児島県 肝属郡南大隅町 , 北海道 虻田郡喜茂別町 , 和歌山県 御坊市

分布数

全国 都道府県順位
レベル4 1 鹿児島県(約140人)
2 埼玉県(約130人)
3 北海道(約110人)
4 東京都(約100人)
5 大阪府(約60人)
6 島根県(約40人)
7 神奈川県(約40人)
7 千葉県(約40人)
9 山口県(約30人)
9 兵庫県(約30人)
人口約1,000人
順位8,393 位
市区町村順位
1 鹿児島県 指宿市(約70人)
2 埼玉県 越谷市(約40人)
3 島根県 浜田市(約40人)
4 鹿児島県 肝属郡南大隅町(約20人)
4 北海道 空知郡奈井江町(約20人)
6 鹿児島県 志布志市(約20人)
6 鹿児島県 鹿児島市(約20人)
6 長崎県 長崎市(約20人)
6 埼玉県 さいたま市浦和区(約20人)
6 和歌山県 御坊市(約20人)
小地域順位
1 鹿児島県 指宿市 大山(約40人)
2 島根県 浜田市 長沢町(約20人)
3 和歌山県 御坊市 塩屋町北塩屋(約20人)
3 鹿児島県 志布志市 尾野見(約20人)
5 北海道 札幌市中央区 北六条西(約10人)
5 埼玉県 越谷市 神明町(約10人)
5 鹿児島県 肝属郡南大隅町 辺田(約10人)
8 福井県 勝山市 昭和町(約10人)
8 東京都 葛飾区 青戸(約10人)
8 東京都 武蔵村山市 本町(約10人)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率0.000777% 1 鹿児島県(0.00671%)
2 島根県(0.00463%)
3 埼玉県(0.00213%)
4 北海道(0.00175%)
5 高知県(0.00172%)
6 和歌山県(0.00171%)
7 山口県(0.00167%)
8 福井県(0.00143%)
9 長崎県(0.00129%)
10 鳥取県(0.00121%)
市区町村順位
1 北海道 空知郡奈井江町(0.225%)
2 鹿児島県 肝属郡南大隅町(0.126%)
3 北海道 虻田郡喜茂別町(0.112%)
4 鹿児島県 指宿市(0.0982%)
5 熊本県 球磨郡多良木町(0.0626%)
6 和歌山県 御坊市(0.0525%)
7 島根県 浜田市(0.0471%)
8 北海道 樺戸郡新十津川町(0.0435%)
9 高知県 須崎市(0.0371%)
10 鹿児島県 志布志市(0.036%)
小地域順位
1 鹿児島県 指宿市 大山(2.6% / 約40人)
2 島根県 浜田市 長沢町(0.457% / 約20人)
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図

【桃木】姓の有名人

同姓同名ランキング

1 桃木 茂 (3)
2 桃木 繁 (2)
2 桃木 真 (2)
2 桃木 覚 (2)
2 桃木 宏 (2)
2 桃木 実 (2)
2 桃木 晃 (2)
2 桃木 貞教 (2)
2 桃木 秀雄 (2)
2 桃木 正信 (2)
2 桃木 正博 (2)
2 桃木 幸男 (2)
2 桃木 憲文 (2)
2 桃木 俊平 (2)
2 桃木 光博 (2)