架谷の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典
https://play.google.com/store/apps/details?id=info.jigensha.jcedfreeGoogle Play で手に入れよう https://apps.apple.com/us/app/id1471109324
↑オフライン検索できるアプリもどうぞ
架谷

架谷(はさたに / かや / はさや)さんの由来と分布

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【架谷】名字の由来と語源



このエントリーをはてなブックマークに追加

ハサタニ 【架谷】4 日本姓氏語源辞典

石川県かほく市石川県金沢市波佐谷の異形。稲を干す竿の「稲架」と漁網を干す竿の「ハサ」の呼称により「架」を使用したと伝える。稲架はハサ。推定では江戸時代。石川県かほく市高松に分布あり。広島県福山市瀬戸町地頭分ではカヤ。

2021年 2月 6日 更新

カヤ 【架谷】4 日本姓氏語源辞典

架谷ハサタニ参照。

2017年 10月 15日 更新

ハサヤ 【架谷】4 日本姓氏語源辞典

架谷ハサタニ参照。

2017年 10月 15日 更新

もしかして

カヤ 【嘉屋】4 , カヤ 【賀谷】4 , カヤ 【賀屋】4 , カヤ 【栢】4 , カヤ 【加悦】3 , カヤ 【鹿屋】3 , カヤ 【茅】3 , カヤ 【加谷】3 , カヤ 【萱】3 , カヤ 【加舎】3 , カヤ 【彼谷】3 , カヤ 【賀陽】3 , カヤ 【榧】3 , カヤ 【加屋】3 , カヤ 【香谷】3 , カヤ 【加家】3 , カヤ 【蚊屋】2 , カヤ 【加舍】1 , ハサタニ 【波佐谷】3

「架谷」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【架谷】名字の分布

分布数

都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図
全国 都道府県順位
レベル4 1 石川県(約400人)
2 大阪府(約30人)
3 福島県(約10人)
3 東京都(約10人)
3 愛知県(約10人)
3 富山県(約10人)
7 福岡県(ごく少数)
7 神奈川県(ごく少数)
7 新潟県(ごく少数)
7 広島県(ごく少数)
人口約500人
順位13,235 位
市区町村順位
1 石川県 かほく市(約200人)
2 石川県 金沢市(約70人)
3 石川県 羽咋市(約10人)
4 福島県 会津若松市(約10人)
4 石川県 白山市(約10人)
4 石川県 能美市(約10人)
4 富山県 魚津市(約10人)
4 愛知県 名古屋市守山区(約10人)
4 大阪府 大阪市淀川区(約10人)
10 石川県 河北郡津幡町(ごく少数)
小地域順位
1 石川県 かほく市 元(約30人)
1 石川県 かほく市 南新(約30人)
3 石川県 かほく市 南(約20人)
4 石川県 かほく市 上伊丹(約20人)
4 石川県 かほく市 古宮(約20人)
4 石川県 金沢市 笠舞(約20人)
7 石川県 かほく市 高松(約10人)
7 石川県 かほく市 中(約10人)
9 愛知県 名古屋市守山区 下志段味穴ケ洞(約10人)
9 石川県 かほく市 森(約10人)

顕著に見られる市区町村

石川県 かほく市

分布比率

都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図
全国 都道府県順位
人口比率0.000372% 1 石川県(0.0283%)
2 富山県(0.000685%)
3 大阪府(0.000461%)
4 福島県(0.000402%)
5 新潟県(0.000161%)
6 広島県(0.000144%)
7 愛知県(0.000134%)
8 東京都(ごく僅か)
9 福岡県(ごく僅か)
10 埼玉県(ごく僅か)
市区町村順位
1 石川県 かほく市(0.646%)
2 石川県 羽咋市(0.0403%)
3 石川県 羽咋郡宝達志水町(0.022%)
4 石川県 能美市(0.0175%)
5 石川県 河北郡内灘町(0.0161%)
6 富山県 魚津市(0.0157%)
7 石川県 金沢市(0.0157%)
8 石川県 河北郡津幡町(0.0122%)
9 埼玉県 比企郡小川町(0.0115%)
10 大阪府 泉南郡熊取町(0.0108%)
小地域順位
1 石川県 かほく市 元(10% / 約30人)
2 石川県 かほく市 南(7.25% / 約20人)
3 石川県 かほく市 南新(3.05% / 約30人)

関連項目

カヤ【架谷】4, ハサヤ【架谷】4から参照。