「昌木」名字の由来、語源、分布

日本姓氏語源辞典

昌木

由来と語源 分布 有名人 同姓同名 情報提供

【昌木】名字の由来と語源

このエントリーをはてなブックマークに追加

マサキ 【昌木】2 日本姓氏語源辞典

大阪府京都府静岡県伊豆市

正木姓あり。茨城県結城市結城にある健田須賀神社の神主だった杉山氏が江戸時代に称した事例があった。杉山スギヤマ参照。

事物鹿児島県の奄美群島の一字姓の昌に「木」を追加。推定では1953年の日本復帰時。ショウ参照。

もしかして

マサキ 【正木】6 , マサキ 【真崎】5 , マサキ 【政木】5 , マサキ 【柾木】4 , マサキ 【柵木】4 , マサキ 【馬崎】4 , マサキ 【間崎】4 , マサキ 【眞崎】4 , マサキ 【柾】3 , マサキ 【正城】3 , マサキ 【真先】3 , マサキ 【正置】3 , マサキ 【正来】3 , マサキ 【薜】3 , マサキ 【真佐喜】2 , マサキ 【正伯】2 , マサキ 【正喜】2 , マサキ 【政喜】2 , マサキ 【麻崎】2 , マサキ 【将木】2 , マサキ 【政輝】2 , マサキ 【真嵜】2 , マサキ 【馬先】2 , マサキ 【真置】2 , マサキ 【眞先】2 , マサキ 【真伯】2 , マサキ 【真碕】2 , マサキ 【正鬼】2 , マサキ 【真佐木】1 , マサキ 【眞佐喜】1 , マサキ 【万佐木】1 , マサキ 【正來】1 , マサキ 【真砂木】1 , マサキ 【將木】1 , マサキ 【眞伯】1 , マザキ 【眞嵜】1 , マザキ 【間嵜】1

「昌木」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください!

本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。

【昌木】姓の分布

顕著に見られる市区町村

鹿児島県 大島郡宇検村

分布数

全国 都道府県順位
レベル2 1 神奈川県(約10人)
1 東京都(約10人)
3 鹿児島県(ごく少数)
3 静岡県(ごく少数)
3 大阪府(ごく少数)
3 埼玉県(ごく少数)
3 京都府(ごく少数)
人口約40人
順位ランク外
市区町村順位
1 京都府 京都市左京区(ごく少数)
1 神奈川県 相模原市(ごく少数)
1 神奈川県 横浜市青葉区(ごく少数)
1 鹿児島県 大島郡宇検村(ごく少数)
1 東京都 調布市(ごく少数)
1 東京都 練馬区(ごく少数)
1 埼玉県 新座市(ごく少数)
1 大阪府 富田林市(ごく少数)
1 静岡県 伊豆市(ごく少数)
小地域順位
1 大阪府 富田林市 東板持町(ごく少数)
1 京都府 京都市左京区 高野泉町(ごく少数)
1 静岡県 伊豆市 熊坂(ごく少数)
1 東京都 調布市 入間町(ごく少数)
1 神奈川県 横浜市青葉区 大場町(ごく少数)
1 神奈川県 相模原市 長竹(ごく少数)
1 埼玉県 新座市 馬場(ごく少数)
1 東京都 練馬区 貫井(ごく少数)
1 鹿児島県 大島郡宇検村 部連(ごく少数)
都道府県分布数図
都道府県分布数図
市区町村分布数図
市区町村分布数図
小地域分布数図
小地域分布数図

分布比率

全国 都道府県順位
人口比率ごく僅か 1 鹿児島県(0.000203%)
2 京都府(0.000166%)
3 神奈川県(0.000123%)
4 静岡県(0.000111%)
5 東京都(ごく僅か)
6 埼玉県(ごく僅か)
7 大阪府(ごく僅か)
市区町村順位
1 鹿児島県 大島郡宇検村(0.119%)
2 静岡県 伊豆市(0.00908%)
3 大阪府 富田林市(0.00388%)
4 埼玉県 新座市(0.00372%)
5 東京都 調布市(0.00286%)
6 京都府 京都市左京区(0.00269%)
7 神奈川県 横浜市青葉区(0.00236%)
8 東京都 練馬区(0.00105%)
9 神奈川県 相模原市(0.00083%)
小地域順位
都道府県分布比率図
都道府県分布比率図
市区町村分布比率図
市区町村分布比率図
小地域分布比率図
小地域分布比率図